そうは仰いますが。

いやまあ、仰ることよくわかるし、一理あるんですが。

たとえばわたしの場合
「あれっ? そういや最近・・・怒ってるのな?」
と気になる時って
「やべぇ、またなんか無意識のうちにやらかしちゃったんでないのか」
てな考えがまず浮かぶのだ。
決して相手の顔色を窺ってるのではなく、単純明快に、原因はわたしにあるはずだ! と考えるのだ。
だってわたしって「やらかす」ヤツなんだもん(「だもん」てずいぶん軽いな、とおもわれたらスマン)。

もういい歳だから開き直っちゃうけど、腹芸できないし、察しないし、口悪いし。というポンコツな性質で「やらかし」たこと数知れず。
なので、親しい相手がいつもと違う様子に見えると(感じると)
「えっ、またなんか言っちゃっただろうか?」
になるのだった。
なのでその相手のことを「短絡的でまともではない」だの「自尊心が異常に強い」なんてことにはとてもおもい至らない。
というか。
わたしが
「怒ってるかも」
そう気にしてしまう相手ってのはそもそも "そんなイヤな奴" ではない。
とてもとても大事なひと、である。

で、そんな大事な相手なのにわたしは「やらかして」しまうことがあるから「気になる」のだ。
これをつぶやいた人はきっと、大事な相手にはやらかしたりしないんだろう。
だからこんなにはっきり言い切れるんだ。

それはちょっと羨ましい。

ウチのセンセイに対する賢さまと坂さんの "甘やかし" には及ばないけど、わたしもそうとう仲間には甘やかしてもらってるとおもう。
けど、それにあぐらをかいてはアカンと弁えている、つもりだ。
その弁えが
「あれっ、またやっちまった?」
になるのだ。

そんな面もあるのだよ、と。
このつぶやきに返したくなったので、書いてみた。

春だ。




ありふれた日常 comments(2) trackbacks(0)
Comment








>ハッカ飴さん

大幅にレスが遅くなり申し訳ないことです。
ところでねぇ、あなた、わたしをそんなに持ち上げてどうするおつもりかえ?(^_^;)
残念ながらなんも出ませんぜ。
でもまあ、褒めてくれてありがとう。
もしあなたの中のわたし像がそんな具合ならそれはきっとまだわたしはあなたに対してはボロを出さずにすんでいるのです。
ということなので、今後わたしがなにか「やらかし」たらすぐ指摘してください、と今からお願いしておきます。

そして「仲直りしたいほどの相手」。
仰る通り。そういう相手が居るのはたいへんに幸せです。

from. 夏葉 | 2018/03/30 21:37 |
東京は桜の季節、こちらはようやく福寿草って感じでお久しぶりです。

今回の日記は、まんま普段私が感じていることです。
が、夏葉さんほど気が利いて、思いやりがあって、労をいとわない方でも、やらかしを気にするということを、むしろ全世界の『きにしい』にお伝えしたい。
「『きにしい』はどんなに完璧でも、気にする。」名言。

ま、私は本物のやらかしなので、(ふつうのひとは、近所の飲み屋にもケータイ忘れません)自分への戒めとして心がけているわけですが、例えば、仲直りしたいほどの相手がいる我々は、幸せだなと。
仕事でもプライベートでも「向こうが嫌いなら別に…」で済む人間関係しかないのはさみしいし、素直に尊敬できる人に出会ったことが無いのかしら。
アルフィーのファンになればいいのに(笑)
from. ハッカ飴 | 2018/03/24 07:58 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6861
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>