過ぎた本屋。
わかる。
つい最近、わたしもその「シャレオツ」な「本屋」に遭遇して
(なにここキモい)
と愕然としたばかりだから。
しかもそこはただシャレオツなだけでなく「意識高い」感もフロア全体に漂ってて、もう居心地悪いのなんの。フツーの本屋だったらあれこれ見て回って1時間くらいあっという間に経ってしまうのに、そこには15分と居られなかった。
やっぱりあそこも「そういう一団」プロデュースの本屋だったのだろうか。

具体的な書店名をあげるといろいろ差し障りもあろうこととて控えるけど、あそこはもうフロアガイドの表示を『BOOKS』カテゴリでなく『Café』カテゴリにしたほうがいいよ。で、(カッコ)で「書籍販売スペース併設」にしといたほうがいい。
つか、それが正しいじゃん。
本屋と名乗ってるくせにカフェスペースのほうが広かったじゃん。
あー、やだやだ。

あと、本を手に取るのが憚られるようなディスプレイ。
あれも意味が分からん。
本屋だから本を売りたいはずなのに、妙に気取った並べ方してあって、ちょっと触ったら崩れちゃうんじゃないか、または叱られるんじゃないか、って気後れするねん。だからどんな本か見られないねん。
それって、本末転倒じゃね?(本屋だけに)

てなことがフロアのあちこちに見受けられてだな、早々に退散したんでござるよ。
でもお客さんはカフェスペースにぎっしりだったから、需要は高いんだろうし、むしろああいうスタイルのほうが喜ばれるのかもしれない。
・・・・・・やだな、こういう「シャレオツ」な似非本屋ばっかりなっちゃったら。

どうかそうなりませんように。
死霊のはらわたが呆れかえる comments(4) trackbacks(0)
Comment








>mayoko様

コメントありがとうございます!
わたしも『レトロ館』のことは忘れていませんですよ〜(*^^)v

本屋さんへの拘りをご理解いただけて嬉しいです。
ああいう空間が欲しい人もいるだろうと想像できますが、どこかしこもオシャレ空間になってしまわれると堪りませんよね。
オーソドックス本屋好き一派としては、棲み分けしたいです。
MAP機能で本屋として出ないでほしい−わかりますわかりますよ!

オリエント急行車両の記事、拝読しました。
まだ行ったことないんです。
一度は行かねば、と思っています。



from. 夏葉 | 2018/05/15 21:06 |
コメントご無沙汰しております。でも日記は頻繁に拝見しております。

おしゃれな本屋に対する気持ち、とてもよくわかります。
私も、買い求める本が本なだけに、おしゃれな本屋は品ぞろえが全くよくなく、撲滅希望しております。
神保町とかああいうところの本屋さんを見習ってほしいです。
もし、おしゃれな本屋の需要が高いとしたら、せめてMAPの検索機能なので、書店扱いされず、カフェ扱いで、書店としてヒットしないでほしいです(笑)。

ところで別件で申し訳ありませんが、先日箱根でこのような場所に行ってきました。
夏葉さんは訪問経験はございますか?すごくいい場所でした。
https://plaza.rakuten.co.jp/retrokan/diary/201805150000/
from. mayoko | 2018/05/15 15:53 |
>juju様

まだそういう本屋さんがあるのは羨ましいです。
うちの近所にもあったのですが、スカイツリー建設に伴うショッピングモール開業で、閉店してしまいました。
町の本屋さんにしては在庫や取扱いジャンルが充実してて、すきだったので残念です。
本はなるべく本屋で買おうというのがわたしのポリシーです。
センセイもそう勧めてますしね(^_-)-☆
from. 夏葉 | 2018/05/13 13:57 |
うちの近所に、昔から変わらずに高齢のおばちゃんが一日中レジの中の椅子に座っている小さな本屋があります。
大きな本屋は時間つぶしに利用させてもらい(すみません)、
買いたい本はそこで注文するようにしていますが、
そんなのなんの足しにもならないだろうし、
おばちゃんがやれなくなったら、お店はなくなるんだろうなと思います。
なんか寂しいです。
from. juju | 2018/05/12 13:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6880
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>