アル中でいるうえで自身に課しているルール。
元記事:『ジャニヲタをする上で自分自身に課しているルール #ジャニヲタセブンルール』@それは恋とか愛とかの類ではなくて

ジャニヲタさんには文才のあるブロガーが多いですが、わけてもこの「あややさん」の書くものは、時に万に達しようという数値のアンケート回答をもとに分析されたものであったり、熱くなりながらもどこか冷静な視線からのレポだったりで、ジャニヲタ界隈でなくても有名ですが、今回のものもとても面白い。
<
申し訳なくもわたしは放送を見たことがないのだけど、関西テレビがキー局の『7(セブン)ルール』という番組(直近の放送の公式つぶやきが下(↓)こういう趣旨の番組
にあやかって、あややさん自身が己に課しているルールを提示してくれている。
わたし個人的にはルール4の「行かずに後悔より行って後悔」とルール6の「楽しませてもらったものには余分にお金を払う」にはとても共感できるが、あとのルールにはアル中ではあてはめられないものもあったりするので(梯子するほど「現場」がないからなぁ)、そんじゃあわたしの場合はどうかいね? と改めて自身を顧みたのが、今回の企画である。
なお、あややさんには「#ジャニヲタセブンルール」というハッシュタグで仲間の動向を知りたいという意欲があるようだが、わたしにはそんな気はなく、ほんとに単なる「自分語り」のようなものです、と予め断り書きをしておきます。

ということで。

こんなんなりました。

ルール1はね、もうね、ながい期間ここに来てくださってる方なら納得いただけるとおもうのだけど、わたしゃチケット詐欺にひっかかってしまったことがあってだね。
以来、チケットが取れなかったときは(最大限がんばることをしたら)潔く諦める、ようにしたのだ。
むろん、高額転売ヤーから買うなどもってのほか。
とにかく無駄な足掻きはやめよう、とその時肝に銘じたのだった。

ルール2は、まあ、そんなにテレビの露出は多くないおじぃたちだっても、出るときは集中的になるので、録画漏れとか見るの忘れたり、が発生するんだけど、そんな時もやっぱり「諦める」ようにしている。
だって仕方ないじゃんね。

ルール3は読んで字のごとし。
あちこちで問題視もされてる特効のカラフルテープに対して(はなっから飛んでこない席はもとより取れる位置にいても)執着しないことにした(保管場所にも困るし)。
そしたらその時のステージ上のおじぃたちの顔が見えてだな(以下自粛)。

ルール4についてはちっとも守れてないので、これをどうにかして守りたいとおもっているが、いちばん難しい。
そもそもこんなブログ書いてる時点で「言いたいことならどれくらいあるかわからなく溢れてる」(はっ、なぜこのわたしがあんな嫁の歌を・・・!)タイプな人間なので、あんなことやこんなことをぶちまけずにいるのはかなり困難なのだ。
でも、やはり毒はまき散らすものではなかろう、と最近特に感じることが多いので、頑張って控えようとおもう。

ルール5は、もうどんなオタクも同じ心意気だとおもうので、これ以上は語らず。
みんな、無理せず課金しようぜ!

ルール6 7つのルールの中で、これがいちばん「わたし独自」だとおもう。
なんせなかには「遠征どころか地元のライブにだって毎回参加できるとは限らない」環境下の方もいらっしゃるわけで、そんな方からしたらこのルールは厭味以外のなにものでもないだろうから。
でも、だからこその「#私だけの」なのだ。
特に関西方面、3.11以降の東北、そして現段階で行こうとしている熊本と、その遠征に復興支援目的も含まれているので、わたしは行くことに意味がある、とおもっている。
なのでルールのひとつにした。

最後のルール7 これも「わたし」ならではかもしれない。
よのなかではSNSでみんなつながりを求めているように見えるなか、わたしは今の仲間以上に「アル友さんの輪」を広げたいとおもっていない。
理由は明快「面倒くさいから」だ。
スマファン(特に中居班)時代、わたしにしてはかなり広いつながりのなかで活動して、とても疲れたので懲りたのだ。
おなじ対象者をすきでも、すきなのに、必ずしも分かり合えるわけではない−ことを身に染みて感じたので「○○友」だけでなくフツーの「ともだち」付き合いができる人とだけ、繋がっていよう、そう決めたのだ。


以上が私個人の「アル中でいるうえで自身に課している7つのルール」である。
こうしてみると、半分以上が「諦める」が基準になっており、元記事のあややさんが前向きなルールなのに対して、わたしのルールの「枯れ」っぷりに笑う。若いジャニヲタとそろそろ断捨離も考えようかという年代のアル中との差だろうか。
でもこちとら35年選手。
ジャニヲタさんほどキラキラしくなくとも、いぶし銀のファン道を、これからも7ルールに則る努力しながら、邁進する所存でござるよ。

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
Comment








>juju様

同意をいただきました、ありがとうございます。
元記事を読んで、初めてじっくり考えてみたので、昔からこういうことを課していたわけではないのがちょっと恥ずかしいです。
こういう時代だからこそ、自身の信念を強く持たないと周囲に振り回されてしまうので、敢えて明文化してみた部分もあります。


>久遠様

金蔓ルールについては、どうしたって「ない袖は振れぬ」ですよね。
決して「ご利用は計画的に」のお世話にならないよう、身の程を弁えて「嗚呼、釣られている」
とMな部分をくすぐられるプレイを楽しみたいと思います。
from. 夏葉 | 2018/06/29 22:04 |
夏葉さん

私ルール面白いです(^-^)/
特に金蔓(^_^)確かに私もグッズによって「この商売上手が&#10084;」と思って買っちゃうこともありますが、購入する時に無理はしてないな、と思いました。
遠征ができないからお菓子を多めに買っちゃおう。など、無理をしないほうが長く続けられますしね♪ヽ(´▽`)/
from. 久遠 | 2018/06/28 11:11 |
セブンルール、全くすべて同意です。
改めて文字にすると、なんかいいですね。
でもルール3は身長150cmしかなく運動神経もない私は、
最初から諦めて手も伸ばさないので、集めないのではなく集められないのです。
そしてルール7もフアンクラブにも入らずネットもやらない私は、
広げたいと思っても無理で、
なので夏葉さんのような強い意志がある訳でなく、
結果としてそうなっているだけかもしれませんが。

from. juju | 2018/06/25 22:50 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6913
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>