神経質な故障。
森若さんの新刊!
前回、こりゃまためんどくさそうなキャラが出てきたよ、さあ、どうする森若さん? なラストだったのでドキドキしながら読み始めたら期待を裏切らず、森若さんを面倒ごとに巻き込むキーパーソンで実にありがたい。
というか、なんかこの美華というキャラが若い頃のわたしに似た部分があって架空の人物とおもえなくなってきて、読んでてちょっと気恥ずかしかった。
あー・・・こんなふうにつっぱらかってたなぁ・・・。
ということはきっと森若さんみたいな性格のひとに
「ああ、厄介な」
と眉をひそめられていたのね・・・。
まさに若気の至り。
などと自身の来し方にまで思いをはせてしまう今作だった。
巻を重ねるごとにおもしろくなるなぁ、このシリーズは。
いずれドラマ化されたりしてね。



読・読 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6921
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>