アル中たちの夏ノ巻−素敵なお城で素敵な夜を−

祭り前々日までは猛暑&熱中症対策に追われていたのに、とつぜん現れたジョンダリ君に暴風雨対策へ変更させられたのに、実際はそこまでの影響がなかったという、まさに台風に振り回された印象が強い、今年の2DAYSでした。
そんなこんなで皆様お疲れ様でした。
あんなことやこんなこと、我々の想像のはるかナナメ上から攻め込んできたこと等々・・・ぜんぶひっくるめて今年もいい夏でしたね!

ということでもはや恒例。
今年も夏ノ巻を「必殺・箇条書き」にて総括して振り返ってまいります。
曜日・開園後の時系列は順不同、思いつくまま綴りますので、すみませんが皆様で読解してくださいまし(←らんぼう)。
では、いってみよーーーーッ!

【新横浜の街】

・会場までの通りに軒を連ねるお店が我々を迎え入れようと
 いろいろアピールしてるけど今年は去年より増えた気がする
(私が泊まったホテルさえもこんなこと(↓)を!)(手ブレご容赦)


【開演前】

・グッズ販売開始待ち修行。
 かなり本気で台風対策してきたけど、頼らずにすんでよかった
(しかしなぜ西に行く、ジョンダリ君!)

・グッズ販売列を施設内に入れてくれたことが、ほんとうにありがたかった
 運営側にただただ感謝

・しかもBGMはアルフィーナンバー
 そりゃあ時はあっという間に過ぎるわさ

・宿から会場に向かう時が、台風のピークだったようだ

【開演】

・セットのお城がたいへんりっぱ! やっぱドレスで来るべきだった?!

・次いでステージの組み方の異変に気づきテンションアップ。

・そして客席後方からの登場あーんどムービングステージ!!!
 
 ムービングステージ!
(2018年夏のキーワードなので大きい赤文字にしておきました)

・しかもそのステージのモチーフは馬車! お城設定にとことん忠実で最高!

・ステージに上がるとき、センセイはお衣装の裾をお姫様のように
 たくし上げててカワイイ

・照明がとにかくキレイで大迫力でストーリー性に富んでて素晴らしかった!
 ドットイメージの威力を見せつけられた

・プログレコーナーも圧巻だった
 おもわず脳内で物語書いてしまった

・ちょっとセンセイと坂さんのお声が本調子でなかった???
 というかお疲れなの?(だからお仕事もーちっとセーブするとか・・・)
 
・あと音関係にもちいさなトラブルがけっこうあったような
 けど2日めにはきっちし修正してくるスタッフのスキルに拍手

・暗転時のお城の照明がホーンテッドマンションかホグワーツ城

・海外曲コピーの映像ソフト収録申請のめんどくささよ

・ラブラブライトの減価償却すすんだ!

・やっぱり『Dancing 60's』は最高に楽しい

・300曲以上ある楽曲中、いっちばんすきな『JUST LIKE AMERICA』聴けて
 マジ最高かよ状態

・センセイのカリスマ性を改めて実感

・『シュプレヒコールに耳を塞いで』に3人の矜持を見た

・センセイのソロ宣伝に釣られて、シングル買ってもた
(池田先生画のジャケ)

・見えている50周年。交わした約束を忘れないでね!



ああ、ほんとうに楽しい夏だった。
みなさま、お疲れさまでした!





その鐘の音色を誰も知らない

希望の鐘
自由の鐘
明日の鐘
3つでひと組の鐘は、高台の古びた城の塔にある。

鳴ったことがない。鳴らすものもいない。

はるか昔―ひとがまだ空を飛べたかもしれない昔からそこにあったというその鐘を
制した者がこの世界を制することができる。
いつ、どこで、だれが言い出したのかも定かでないそんな妄言に
ひとは憑りつかれたように踊らされ、鐘を奪い合う闘いを続けた。
誰かが塔にたどり着き、鐘を鳴らそうとすれば別の誰かがその者のに斬りかかり
次には血にまみれた剣を持つその者の首を別の誰かが刎ね
その者はまた違う誰かに―

そこは常に炎に包まれ、塔のなかの鐘は照り返しで赤く染まっているが
鳴ることはない。
鳴らせるものはいない。

いつ終わるのだ、この虚しい争いは。
いつ果てるのだ、この汚れた世界は。


たすけて―たすけて。
救ってくれ―。
それは誰の嘆きか、願いか。
声にならない声が、ちぎれた炎となってひとつ、またひとつ、吸い込まれるようにそらへのぼっていく。
たすけて。
たたかいをやめて。
ころさないで。
悲痛な言葉に応えるように、ちいさな炎がたちのぼる。
地上の血の海を映したような空にむかって。

やがてその炎は結集し、ひとつのかたちとなった。
大きな翼を羽ばたかせる鳥のかたちに。
一羽が赤い空を舞う。
そのあとからもう一羽、また一羽。
三羽の鳥たちは漂うように、城を包むように、ゆうるりと飛翔する。

地上で戦うものたちが、その鳥の姿をみとめたとき
どこからか声が響いた。

希望の鐘は未来を信じる者だけが鳴らせる。
自由の鐘はこの世の終わりのときにだけ鳴る。
そして明日の鐘は―
すべてのいのちが、無限のそらへ還る時に鳴る。
そんな鐘を鳴らしたいか。
音を聴きたいか。
鳴らせるのか。

答えよ。
答えよ、あらそうものたちよ。
大きな翼が問いかける。

希望の鐘を自由の鐘を明日の鐘を
鳴らすか。鳴らしたいのか。鳴らせるのか。
翼が問う。問い続ける。
地上のものたちはその返答を、持たない。

翼は今も、問い続けている。
そして地上のものたちはその返答を、探し求めている。




ALFEE comments(7) trackbacks(0)
Comment








>ゆりフィー様

そうなんですよ、声のいい男(ひと)に弱いですね。
それはきっとアニヲタの血の部分かな、とおもっています。
ゆりフィー様の遍歴、見ていると、やや高めのハスキーボイスから賢様へのシフトが突然すぎておもしろいです。
from. 夏葉 | 2018/08/03 23:34 |
あぁ、夏葉さんは声フェチでしたか。
そうでしたか、って、何を隠そう私も大の声フェチなんです‼でも、ここでも、明らかに私は浮気性でした(笑)
その遍歴はと言うと順不動では有りますが、
稲垣 潤一→カルロストシキ→スピッツの草野さん→バービーボーイズのコンタさん→福山 雅治→桜井さん

一筋どころか、やっぱり、移り気な私でした
from. ゆりフィー | 2018/08/03 12:52 |
>juju様

あああああ、すみません、わたしの言葉足らずでした!
あのプレート(?)は、ホテルのフロントに置かれていたものです。
わたし個人の部屋ではありません、わかりにくい書き方をしてすみませんでした!

有料会員の件、申し込める枚数が違うのは初めて知りました。
わたしはGIPでしか有料会員になっていなかったので、そんな区別をしているイベンターがあったとは。
たぶん上限枚数の多さが「有料特典」なんでしょうね。
こんな時、知り合いが多ければちょっと教えてもらえるのに、そういうツテがなくてすみません(>_<)


from. 夏葉 | 2018/08/02 21:30 |
一つ単純な疑問が・・・
ホテルのその部屋に夏葉さんみたいなalfeeフアンの人が宿泊すること、ホテル側がどうして知っていたのですか?
全部屋に置いてあったのでしょうか?

もう少し愚痴を聞いてください。
新潟に参加するときのために、キョードー北陸の有料会員になっていました。
そこは会員の先行チケットがライブによって申し込める枚数が違ってて、
でも新潟はどうせ私一人だから気になりませんでしたが、
仙台は3人か4人での参加なので、2枚までならば有料会員になる意味がないんです。
それでキョードー東北さんに電話で、alfeeの場合は何枚取れますか?と聞いたら、
会員以外の方にはお教えできませんと。
それを知らなければ、有料会員になるかどうか決められないのに、
なんかへん。
from. juju | 2018/08/02 00:38 |
>juju様

当日までは交通機関がどうなるか気が気ではなかったですよね。
だから進路が横浜から逸れてくれたのは助かりましたが、西に向かっていったのがどうにも気がかりでした。

にしても今回のオープニングは凄かったですね!
まさかまさかのジャニーズ仕様とは。
我々のためなら若い世代のアイディアをどんどん取り入れる柔軟性はほんとうにありがたいです。

「盛り上がってください」カードを出してくれていたのは会場にとても近いホテルです。
去年と同じところですが、その時はなかったので、今年、出してくれたんですよね、なんでかしら?

それと東北のイベンター!
わたしも有料会員だったので、びっくり&がっかりです。
ただわたしは更新前だったので、更新せずにすんだのですが、馬鹿にならない更新料、納得いきませんよね・・・。


>ゆりフィー様

楽しい夏でしたね!!
賢様もお声はよかったし、素敵だったし、大満足です。
わたしが賢様一筋なのはたぶん「声フェチ」だからかと思います。
声のいいひとに弱いんですよ。
賢様は、歌声はもちろん、お話しする声も、わたしにとってはたまらなく素敵な声なので、ラジオでも「うっとり」できるのです。

ゆりフィー様、ご夫婦で参加されたのですね!
いいなあ、仲が良くて。
確かに夏のイベント、冬の武道館ではお土産交換の儀があちこちで見受けられますね。
わたしは「大変だなぁ」とおもって眺めてます。
終演後の手締めと万歳は、わたしがライブに行き始めた30年以上前からありました。でもいつから始まったのか、知らないんです。
いつからなんでしょうね。
from. 夏葉 | 2018/08/01 22:21 |
夏葉さん!夏の巻楽しかったです!
やっぱり桜井さんはカッコ良かったです
春以降、テレビとかで観ることがあまりなく、トキメキもくすぶっていたような感じでしたが、また、すっかり再燃しました。
それを考えると、夏葉さんの桜井さん愛は、凄いですよね〜〜〜、持続性が。
ふらつき気味の私にとっては、まさに夏葉さんが、センセイなのかも知れませんね、マサラーとしての(笑)

今回も、主人と参加でしたが、全国から集まってお土産交換とかしている方々を微笑ましく見てました。すごーく、結束が硬いですよね。終わってからの、三三七拍子や、万歳三唱はあっかんでしたね。私達もその一員だと思って、少し誇らしげでした。
やっぱりALFEEのファンで良かったです。
from. ゆりフィー | 2018/08/01 21:41 |
行く前はありとあらゆる対策を講じていったのに、
新幹線も在来線も地下鉄も全く影響ないところか、
駅から会場まで、行きも帰りも傘もささなかったというラッキーさでした。
ただ台風対策に気を取られ、ラブラブライトまで気が回らなかったというのが、今でも悔しいです。

1日目だけの参加でアリーナ席だったのですが、
オープニングが衝撃すぎて、しばらくはぼー・・・
すごすぎました。
やっぱり2日目も参加すればよかったです。

こんな粋なことをしてくれるのは、やはり新横浜のホテルですか?
私はいつも旅行社の新幹線とパックなので横浜のホテルなのですが、
こんなホテルがいいですよね

ここからは愚痴です。
東北地方のイベンターが変わったんですよ。
それはどうでもいいのですが、
友達も一緒に行くようになったので、会員になったのです。
で、更新手続きをして会費払ったばかり。
もっと早くわかってたら更新なんてしなかったです。
会費でグッツ買えましたよねえ
from. juju | 2018/08/01 16:38 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6928
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>