本は手にしてこそ。
こんな増田があって。
釣りかなぁ、とおもいつつ、いちおうブコメしてみたんですがね。
頁数まではっきり覚えてないけど、あのあたりのあのシーンのとこを読みたい! てなったとき、めくる感覚で覚えてるからぜったい紙でないとアカン。
これ、わかってくれる人、居ますか?
だいすきな作品のさらにだいすきな “部分” を、突然読みたくなることがあって、そんなとき
「825ページの9行目」
とかで覚えてるわけじゃなくて、本の後半部分のあのあたり・・・という具合にまさに “からだで覚えてる” わけなんです。
なので電子データでは困る、ちゃんと現物の『本』でないと、というコメントなんですが。
共感してもらえたり、しますかねぇ?

確かに電子書籍なら場所は取らないし持ち運びには便利なので、マンガは電子書籍を購入したりしてます、はい。何が何でも印刷媒体でなければ! などという頑固ばばぁではない(つもり)です。
それでもやっぱり文字の本は、印刷物がいいなあ、とおもうのは、これはもう『本』という物体の『外観』がすき、という結論に行きつきます。
特に欧米諸国の古い本―金の文字や飾りが型押しされた厚手の皮表紙・または布表紙のものは絶品! めちゃくちゃ美しい《容姿》だとおもう!! 

そんでね、そんでね。
窓パソコンのOS『7』以降には壁紙のテーマがありますでしょ? 
そのなかに【The Beauty of Books】ていうのがあって、それがもう、素晴らしいの!
幾つかお見せしますね。




ねっ、ねっ、ねっ! 素敵でしょ!
このテーマ、現在もここからダウンロードできるので、気に入ってくれたなら、降ろしてみてくださいましまし。


そういえば以前仙台駅の仙石線ホームに行く階段のところにめっさ素敵な図書館の広告があった。
『多賀城市図書館』とあったので、行ってみようかなと調べたら、なんと。
にっくきツ〇ヤ図書館だったので、なんかちょっと凹んだ。

読・読 comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様

おお、同じ感覚をお持ちなのですね! よかった、わたしだけじゃなくて。
電子書籍はわたしもマンガのみですね。
文字だと背景が眩しすぎるんですよ。
あとやはり「めくりたい」。
画面をしゅっとなでて次のページ、というのはどうにも・・・。

多賀城市立図書館に行かれたんですね。
「きれいでおしゃれ」
それまさにツ〇ヤ図書館の特徴で、わたしも一瞬やられてしまいましたが、そうです、本の分類! 
あれがヒドイと聞いていたので、juju様のお話を伺って
「やっぱりね」
とおもいました。
from. 夏葉 | 2018/08/17 21:48 |
私の場合電子書籍を読みたいとは全く思いません。
本を買ったときのわくわく感が好きとか、
ページをめくった時の印刷のにおいが好きとか、
夏葉さんのおっしゃるように好きな部分を探し当てるのも楽しいし、
そこが探しているとこより5ページ前だったとかで結局そこも読み返したりすることになるのも楽しいとか、
でもこれらは全て好みの問題ですよね、きっと。

多賀城の図書館行ってきました。
すごくきれいなおしゃれな図書館でしたが、
どうしても通常の図書館の本の分類に慣れているので、
本が探しにくくて、係の人に何度も聞いて、
なんでこれがここにあるの?と思い、
入れ替えてあげたくなりました。
そのうち慣れるのでしょうか?


from. juju | 2018/08/16 00:45 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6939
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>