お腐り申し上げます。
このシーンを目撃した瞬間、ぜったい一部界隈が沸騰する、とおもいました。
その推測は当たりました。
どうもすみません。

オタクの血が騒ぐ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6945
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>