ガラス玉の向こう。
このときに購入した書写真の引き渡し準備ができました、という連絡をいただいたので受け取ってまりいました。
むふふふふ。
では、わたしが今回手に入れた作品をお披露目いたしましょう。

じゃーーーーーーーーーーーーーん!
これです!

いちばん欲しかった作品は高価で手が出なかったため、購入候補次点作品3点のなかから選んだのが、この『塔玉』。
自身ではこういう写真は撮ろうとおもわないけど、飾ることは吝かでないので、後追い建設で建ったもうひとつの「塔」の足元に住むものとして、こちらをチョイスいたしました。

で。
問題はどこに飾るか、です。
もう壁にはスペースがほとんどない現状。
どうレイアウトを変えればうまく収まるか、をこれから考えねば。
うれしい悩みでありまする。

その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様

そうなんです、とてもキレイなんです。
以前の「天然色」の時の写真とはまた別の鮮やかさで、惹かれました。

写真の掛け替え。
おもいつきませんでした!
あれもこれもと欲張らず、小出しに飾る省略の美ですね。
考えてみます、ありがとうございます!!
from. 夏葉 | 2018/08/31 21:51 |
とても鮮やかな写真ですね
私は良し悪しを判断できる目をもってないので
モノクロではなく、こういう「わあきれい!」となる写真が好きです。

うれしい悩み、うらやましいです。
これからもどんどん増えると思いますので、
掛け軸みたいに、季節によって掛け替えるというのはいかがでしょうか?

from. juju | 2018/08/30 01:35 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6951
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>