習うより。
最近知ったフォトグラファーの保井崇志さんという方がいるのだけれども、まぁ、この方の写真の素晴らしいことといったら!
坂崎師匠の撮る写真とはまったく路線が違って、わざと暗く撮っていたりするのだけど、それがまたかっこいいのですよ。
見ていると、その撮影場所の「音」が聞こえてきそうな臨場感があります。
反面、ちょっと触れただけでも汚れてしまいそうな危うさもあったりして、とにかくずっと見ていられる写真がせつないほど美しいです。

その方の教えがこちら(↓)。
写真は道具(カメラ)じゃない、てことかしら。
でも自身のミラーレスすら満足に使いこなせてない人間はやっぱライカレンズ搭載のスマホに動揺してる場合じゃない気がしますですよ。
精進・精進。

撮るんです comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6972
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>