仕事人。

展示期間中だったので拝めました!


いつも漫画家の原画展を観に行くと言ってることですが、まぁ、美しい!
あたりまえなんだけど、美しい!
とにかく美しい!

美しい!

(大事なことなので何度でも言いますよ)

私的には、一条先生の主線はどちらかというと “細い” 印象がありました。
比べるのも変な話しですが、たとえば美内先生の原稿と並べてみたら一目瞭然、なくらい、か細く均一な線で描かれいてる印象。
なので一条先生の作品には、たとえば『有閑倶楽部』のようなアクションコメディであっても、画面にはどこか “儚い” という感覚が漂っていて、それが美しさをより際立たせている、そういう画力を持った漫画家だと思っていました。
そしたら原稿は、わたしの抱いていたイメージのまんま−それ以上の美しさと繊細さに溢れていて、もう、その「圧」たるや!
さすがさすがの「大先生」でした。
わたしは特に、一条先生が描く “レース” がすきでしてね。
だって質感が素晴らしいでしょ! 絵画じゃないのに、ペンで描かれた「線だけ」なのに、レースの質感が伝わるんですよ! 凄くないですか!!
その “レース” が原画で拝めて、もう至福でありましたよ。

あとはやはりカラー原画ですね。
こちらも素晴らしい。
わたしの年代のマンガ描きならおそらく誰もが憧れた『キャンソンボード』に、カラーインクで描かれた作品は、ちゃんと印刷後の見え方も計算された色使い・ペイント方法で、おったまげました。
また、展示作品(年代)が変わるところに掲示されているエピソードボードにあったのですが、一条先生は自身の作品の扉絵やタイトルロゴにも、とてもこだわってらしたそうです。
タイトルロゴ作成専門のデザイナーさんと何度もやりとりし、ご自身が納得のいくものを作ってもらっていたと。
そしてそれがどこに配置されたらいちばん見栄えがいいか、そこまで計算して表紙など描いていたそうなので、一見するとぽっかりとした空間がある絵も、そこにタイトルが入ると・・・「映え〜〜」に早変わりするわけです。
漫画家さんて実はグラフィックデザイナーの素質も持ち合わせていないと、大成しないんじゃないでしょうかね。

それから一条先生の絵の場合、キャラクターの「存在感」も素晴らしいですよね。
実際に居そうな感じ。
顔が似ているわけじゃないのに、あ、これって米倉涼子っぽい、とか、こっちは北川景子ちゃんぽい、とか、これはキスマイの藤ヶ谷君だなぁ、とか(美形ばっかりだけど)、そんな存在感も魅力です(たしかよく、美童の実写版候補にウチのセンセイの名前、出ますよね)。


それと最後にアル中として「あら〜(はぁと)」だったことを。
先生がデビューの翌年に発表した作品が、なんと『ヘイ! メリアン』。
残念ながら「すがるような瞳と風に揺れる長い髪」のような女性ではなく、金髪(くるくるロール)碧眼の溌溂とした少女の絵、でしたけど、なんか嬉しかったです。




どうでもいい情報ですが、わたしは一条作品では『こいきな奴ら』がすげーすきです。
キャラはもちろんパイにぞっこん(サングラスメンに弱いのか)。
その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6993
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>