アル中たちのいるところ。−2018 秋の横浜にはマサラーの死屍累々−
なんて物騒なタイトル!
なんですが、でもきっとそうだったとおもうの! ねぇ、マサラーの皆様!
昨夜は無事にご帰宅できまして?

わたしはなんとか帰りつけましたけれども、いやあもう、たいへんでしたわよ。
賢様がかっこよくて!
あんなポーズもこんなしぐさも、なにもかも!
いちいちカッコいい!!
そのくらい昨夜は賢様がいっぱいサービスしてくれてまして、わたしは始まってすぐ
「ヤバい、賢様がわたしを殺しにかかってきている・・・・」
そうつぶやいてました。
そして実際、なんども撃ち抜かれました。
なのできっとわたし以外のマサラーの皆様も悶絶死してたんではなかろうか、と推察いたしたわけです。
ええ、それほどに昨日の賢様はかっこよかったのですーーーーーーー!!


*その他覚書*
・まっさらサラみー
・悠々自宅
・勇気ランラン
・(お笑いは)フリは大きいほうがいい
・ローディさん泣かせの賢様
・アメリカンスクールなら一学年下
ALFEE comments(3) trackbacks(0)
Comment








>ゆりフィー様

「下降線」。
ハイ、わたしのアルフィー専用語録には載っていませんねぇ(*^^)v
というか、お三人様への思いは「右肩上がり」しかございません! ( ー`дー´)キリッ
でもそれはわたしのペースですから「正解」というものではありません。
こういう強力ボイラーのような燃え方は、あとが怖いかもしれないので、ゆりフィー様のように、一定の火力で静かに燃えているほうが安全だと思いますよ。エコロジー機能、いいと思います。(^_-)-☆

体調、そうですね、インフルエンザの時期でもあるので気を付けます。
ゆりフィー様もご自愛くださいね。


>juju様

最後の曲にご縁がない・・・そういうこと、あるみたいですね。
特にその曲は今では「特別感」が高くなってしまっているように思えるので余計に、ですね。
いつかjuju様があの曲に遭遇できますように。
from. 夏葉 | 2018/11/23 11:54 |
好きな人が素敵なのを改めて確認した時って、幸せですよね。

それにしても「よそ様はよそ様」と自分に言い聞かせ、
決してひがむつもりはないのですが、
オーラスはうらやましいの一言。
いいなあ、ほんといいですねえ。
なぜか私はこの曲がオーラスの会場に縁がありません。
from. juju | 2018/11/23 01:28 |
 夏葉さんのブログを読ませていただいていて、ホントに感心させられる事が。
桜井さんへの愛が、全然下降線になっていないと言うか(笑)、長〜〜〜い間、同じレベルで持続的なのが凄すぎます。
私がアルフィーファンになったのは、桜井さんへの一目惚れがきっかけでしたが、その頃の恋の炎(あれっ?どこかで聞いたような)が、同じ勢いで燃え上がっているかと言うと、中火位になったというか、エコロジーな調整機能が付いたと言うか(笑)
そうそう、アルフィーそのもののファンになった感じすかね。
だから、一途な夏葉さんは、スゴイ(褒)

ちなみに、「恋の炎」先日やってくれました。あの、異様な盛り上がりも思わず笑ってしまって、大好きです。

では、体調を崩さない様に、この先のツアーも楽しんで下さい(礼)。
from. ゆりフィー | 2018/11/22 09:38 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6997
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>