つまらない女。


これに苦しんでいる人には申し訳ないけど、わたしは「詰まった」ことがないのだ。
ほんとのホントに。若い頃も今も。
快調・快調・腸内快調! てやつ(むしろ出すぎて心配になる時も)。
なので、この松本明子の症例を読んで、もうべっくら! 腸内に4キロって・・・・・・!! どんだけ?!(だから4キロだって)
そりゃあ苦しいだろうし、体調も悪かろうて。

それにしても人間の体のフシギなことよ。
いろんな臓器通過して「不要」と判断されたものなのに溜まっちゃうんだから。
わたしはたぶん、腸がウ〇チを押し出すための「蠕動(ぜんどう)」という働きが人並み以上に活発なんだろうとおもう。
だから「詰まらない」んではないかとおもってる。なんでかわからないけど(ヨーグルト好きだから?)。
すまん。

とにかくフン詰まりに苦しんでいる方が、みな、解消されることをお祈りいたしますよ。



どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7001
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>