熊本遠征クロニクル《ゆるキャラにテンション⤴》。
幼少期より「キャラもの」にはあまり興味がない性質(たち)のわたしでも、せっかく熊本に来たなら会っておきたい! と、どうしたら会えるのか調べてまで足を運んだのが “ゆるキャラ of ゆるキャラ” である『くまモン』でありました。

熊本の老舗【鶴屋百貨店】の一角にある『くまモンスクエア』。
設定では、ここがくまモンの勤務地てことになってます(フロアのいちばん奥に「営業部長室(賢様とおなじ肩書!)」があって、そこにいる)。



当日、わたしが『くまモンスクエア』に着いたのが、くまモンの勤務時間終了の10分前くらい。
もとより、ちょっとだけその姿が拝めればいい、くらいのきもちだったこともあり、部長室でお客さんとハグしている様子が見えたので、もうこれでいいや、と納得しかけたんだけど、ふと見たらハグ待ちの行列が意外と短いではないの。
これはもしかして並べばわたしもハグできるんじゃね? などと思案してたら、その心中を読まれたかのようにガイドのお兄さんが
「まだくまモンとハグしてないお客さまー、もう少しお時間あるので行列に並んでいいですよー」
ハンドマイクでそう煽るものだから、つい、並んでしまったことだよ、わはははは(しかもけっこうな時間、わたしが行列の最後尾だった)。

ひとりひとりとの触れ合い時間はだいたい20〜30秒程度なので、列はサクサク進んでいき、あっという間にわたしの番。
くまモンは、ウチのおじぃたちの武道館ライブにゲスト出演してステージから落下した梨の妖精とは違って、人語を使用しないのは皆さんご存じのとおり。
ゆえに通訳(?)のおねいさんが常に傍らに控えており、それはつまりくまモンに話しかけているようでいて実はそのおねいさんに話しかけていることになるので、いやいやいや、声はかけられそうにないなぁ、とひるんでいたんだが、いざ、くまモンを目の前にしたら、いきなりテンションが高くなり、そんなこたどーでもよくなって
「東京から復興支援に来たよー」
なんのためらいもなく、言ってました。わはははは。
したらくまモンが、まず握手を求めてきて、そのあとハグしてくれたわけなんだけど。

ものすごく、嬉しかった!

なんだこの嬉しさ。

ちなみにお客さんとのハグタイムは撮影禁止。
でもそのあと、ちゃんと撮影OKの時間が設けられてるのだ。
でもヤツときたら、あんなにずんぐりむっくりなのに機敏な動きをしやがるので、ガラケーのカメラだとそのスピードに追っつかないったら!
だからこんな、どこかがブレている写真に!




あうー。


そんな情けない写真しか撮れなかった撮影タイムが終わるとくまモンは退出。
さすが売れっ子営業部長!
スクエアに残ったわたしは、くまモンにあげられたテンションが高いままになっていたせいで、気がついたらやたらとくまモングッズを買い込んでおりましたとさ。
(でも売り上げは県か市に入るんだから、まさに復興支援!)


そうそう。
いちばんかわいかったのは、ハグタイムの部長室から撮影タイムのステージに移動するため、部屋から出てきた時のくまモンであーる(↓)。



その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
Comment








>けい様

コメントありがとうございます。
そして写真へのお褒めの言葉もありがとうございます!
きっとそれは坂崎師匠の教えがいいのです!

くまモン、営業部長なんですよ。わたしも嬉しくなってしまいました。
でもパンフレット紹介はしませんけど(笑)

けい様のご家族は、震災で痛手を負う前のお城の姿を撮影できたのですね。
それは貴重なので、データは大切に保存を。
仰る通り、記憶は薄れてしまいます。
画像、大事!

from. 夏葉 | 2018/12/19 20:16 |
夏葉さん 今頃ですが熊本遠征 お疲れさまでした(^^)
ぎゅ〜っと濃縮された日々がビシビシ伝わってきましたヨ!!
『くまモン』は営業部長さんだったんですネ♪
”あれ”以来【営業部長】と言う肩書に敏感になってしまって・・・

『写真を撮るのがお上手ですね』とコメントされている方が おられましたが 本当にお上手ですネ☆
一枚一枚 見入ってしまいます。

家族が地震の半年前に熊本を旅し お城の写真をたくさん撮って来ました。
当時はテレビで お城が映る度に写真を出してきては皆で見比べていました。
でも記憶って徐々に薄れてしまうんですね。
今回 お三方と夏葉さんのお陰で又 熊本に心を寄せることができました。
ありがとうございました。
from. けい | 2018/12/18 22:42 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7023
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>