熊本遠征クロニクル《水は清き熊本》。
熊本遠征を決めた時
「よーし、ついでに『ブラタモなぞり』ができるぞー」
などと能天気に浮かれていたわけです。
で、いざ現地ついて真っ先にお城へ行ったら「立ち入り制限」。
はっ、そうだった! かなり修復されたように見えたけど、まだまだ完全復活じゃなかったんじゃん! あほう、わたしのあほう! 地元の皆様に謝れ!
と、やりすぎ熊本城に関しての『ブラタモなぞり』は自粛したのですが、熊本が実は「水の国」だった! という回のなぞりは粛々と(役所か)実施いたしましてございますよ。

とりあえず番組でのタモさんたちの足取りは番組サイトのこちらで確認していただくとして。

とはいえ、鼻ぐり井出は遠方だし、地元の高校は一般人立入禁止だし、健軍水源地は見学事前予約だし、で、パーフェクトに後追いするにはかなりハードルの高いルートではあったので、遠征ついでという手抜きなぞりにはやはり、観光地でもある【水前寺成趣園】でしょう!
てなわけで、九州屈指の名庭園に馳せ参じたわけです。

くまモンに出迎えられるも、園内に入れば・・・・・・



きれいねー。
しかも朝早めの訪問だったから混んでいなくて快適。
高校の修学旅行で来たときはほとんど理解できなかったこの風情。これがわかるようになるんだから、年取るのも悪かないなぁと思いますわよ。
いやもう、美しすぎて、写真撮りすぎました。





ただね、秋なので芝生が枯れ色なのが残念と言えば残念。初夏だったら、目の覚めるように萌える緑を堪能できたでしょう。
でもなんのかんの言ってもわたしは “秋好む中宮” なので、冬に備えようとする植物たちの営みに感銘を受けるわけでございます(そんななかの常緑樹・松のバイタリティーの強さよ)。

で。忘れちゃいけねぇ『ブラタモリ』。
ここ熊本には豊富な水が湧き、しかもとてもきれい、ということを紹介していた回ですから、その清水度合いを確認いたします。


ほんとに澄んでます、澄みきってます。
なのでいわゆる湖面鏡になります。


見事なシンメトリー。
カメラ構えてるわたしの影がはっきり池の底に映るくらい澄んでます。
こんなに澄んだ水が、阿蘇の火山によってもたらされているなんて、ほんと、自然て不思議だしよくできてるし、偉大だなぁとおもいますね。


ところで。
水前寺成趣園での時間の流れがあまりにゆったりで、ついついボーと長居してしまった(ああチコちゃんに叱られる)のですが、次はすぐ近くを流れている川を見に行かねばなりません。
番組のルートマップがいまいちわかりにくかったのでなかなか見つけられませんでしたが、裏道を発見できたので、たどり着けました!
おおおお、こちらもほんとうに透きとおった水が!
そして川渕には湧き水!
なんて素晴らしいのでしょう! 
こんなにきれいな川が普通に住宅街を流れているなんて驚きです(この驚きはあれだ、ノンアルの方々がセンセイの変形ギターを見てびっくりするのと同じだと思う。←それが当たり前の人々には今さら驚くほどのことではない)。
▲番組でタモさんと桑子アナとガイドの方がいたところ(降りようかと思案したけど、やめました)。


そんなこんなで、次に控える乗り鉄イベントのため『ブラタモなぞり』はここで終了。
どっちかってーと単なる水前寺公園の観光日記になってしまったけど、まあ、そこはご容赦あれ。
※台地のキワは時間が不足したので断念しました。



あ、おまけの『なぞり』で洗馬橋のタヌキたちをどうぞ。





タヌキをフューチャーするんだったら、賢様のタヌキもここに・・・・(いやいやいやいや)。

ブラタモなぞり comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様

おおおお・・・・なんと、ものすごい「振り」を。
でもわたしの行く場所というと基本『ブラタモリなぞり』なので、タモリさんが好きなものに興味がないと、まったく面白くないところになりますが・・・

とりあえず武道館の時、となるともう時間もないので、横浜近辺はまったく思い当たりませんが、武道館の近場で『東京駅』をお勧めします。
建設当時のレンガが見られる美術館も構内にありますし、レンガの継ぎ目の「覆輪目地」を見るのもいいでしょう。
あと、地下道のダンジョンを楽しんだり、いってこい階段を数えたり、堀の石垣の名残を見たり、当時の道筋を追ったり・・・こんなんですけど、楽しめますかね(わたしは楽しいのですが)。
でも都内なら、夏イベントのDVDパンフレットで3人が訪れた浅草がいちばんよろしいのでは?
シルクプリンは美味しいですよ!
混んでいるとは思いますが、観光も兼ねられますし、是非どうぞ。
from. 夏葉 | 2018/12/14 22:12 |
たくさんの写真ありがとうございました。
熊本は訪れたことがない、想像もつかない都市でしたが、
すごく身近になってしまいました。
ガイドブックより説得力がありますよね。

もし可能ならば、こういうのを東京近辺でやって頂けませんか?
ライブの時どこかに行きたくても、
ネットには情報がありすぎてうんざりして途中でやめてしまいます。

関東ライブの時に一緒に行っていた友達が悲しいことにもう行けなくなり、
これからの遠征はいつも一人だと思うので、
ぜひお勧めのところを紹介してください。
武道館の時は、横浜のみなとみらいあたりにいきたいなあと思っているのですが。

from. juju | 2018/12/13 00:07 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7024
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>