スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
ため息またひとつ。
なんだろなー。
スライドの主が、どういう意図でこれを発表したのかはわからないけど、「面白い」と捉える感性が、「本」がすきな昭和生まれには悲しい。

トホホホホ comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様


初めから売り払うことを前提に買っているなら「もう一度読む」ことは考えていないでしょうね。
たぶんわたしやjuju様とは「本」に対する固執(?)が違う次元にあるのでしょう。
目くじら立てて責める気はありませんが、だからってこうも堂々と
「こんな手法ドヤ」
とやられるとちょっとね、という感じですね。
from. 夏葉 | 2019/01/26 13:29 |
一度本を読み始めたら途中でやめることができず、
例えば電車で読み始めると、降りた後もホームのベンチで最後まで読んでしまうほうなので、
短時間で読むという点では苦労したことがないのですが、
これを書いた方は、
本を買ってから読むまでのワクワク感とか、読むのがもったいないと思ったこととか、もう一度読むとかは、
ないのでしょうか?

本離れの進む今、本を買ってくれることはありがたいのですが。

from. juju | 2019/01/26 00:13 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7056
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>