さよなら、お月さん。
最期のお月さんは初秋の神無月だったか。
そして冬が訪れて、年が改まって、睦月如月、とうとう弥生。
ずっとお月さんとは会えず仕舞い。
去年も、不規則に居たり居なかったりしたけど、どうやら今度こそは、お月さんはわたしから立ち去ったみたい。

長かったのか短かったのか、よくわからない。
でも、苦しめられた覚えはないのでなんとなく寂しい気もする。
それでもお疲れさん、ありがとう、と言おう。

そしてさよなら。

さよなら。

さよなら、お月さん。


ありふれた日常 comments(2) trackbacks(0)
Comment








>風子様

えっ、お月さまがホントに去ったか否かが血液検査でわかるんですか?
それは知りませんでした。
いい情報をありがとうございます。
受けてみたほうがよさそうですね。

風子様の治療はもう長いのでしょうか。
おからだに負担のない治療だとよいのですが。

私の拙著を楽しみにしていただきありがとうございます。
そんなに力まずに気楽―に読んでいただければよいので気負わずにお願いしますね。
from. 夏葉 | 2019/03/03 15:31 |
ご無沙汰しております。この内容、コメントを書かずにはいられませんでした。
私は只今ホルモン治療をしていて、年2回血液検査を行います。お月さんが完全にサヨナラしたかどうか血液検査でわかるんです。私は夏葉さんより数年長く生きており、治療を始めて3年経ちますが、まだ数値には現れておりません。1年2年経ってサヨナラしたつもりが突然に…と聞いたこともあります。一度調べてもらってはいかがでしょう。
ローヒール レジスタンス&スピンオフ小説、ものすごく気になっていますが時間と余裕がなく、、、楽しみにしていたので必ず読ませていただきます!読みましたら必ず必ずコメントさせていただきます!!
from. 風子 | 2019/03/02 18:47 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7067
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>