「不調」のカタマリ。
【第二のお年頃】に関して、風子様にお奨めされたホルモン検査にはまだ行っていないのですが、やはり関連するワードが目に留まると、その記事や解説を読んでしまいます。
そしたらなんでしょう、【第二のお年頃】って、このよの体調不良がぜんぶ押し寄せてくる、ような感じ! なのですよ。
だってね、わたしが目にした限りだけでも
・コレステロール、中性脂肪、耐糖能異常、肝機能異常、血圧、肥満度
 これらの値の上昇
・高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化等、
・骨阻しょう症、大腿骨頚部骨折、関節リウマチ、バセドウ病、精神神経病
 アルツハイマー病
・不眠や関節痛
これだけの諸症状に見まわれることもある、て!
コレステロール値はお年頃になる前から高かったから(それはそれでいかがなものか)横に置いておくとしても、こわい症状・病名ばかりのラインナップに、震えあがります。
でも、それよりなにより驚いたのが
 ・逆流性食道炎
という単語を見たときですよ!
昨年秋、突如胃の具合がおかしゅうなって、人生初の胃カメラを飲み、結果診断されたこの病の原因が、もしかしたら【第二のお年頃】だったなんて!

てことはですよ?
お医者で処方された薬を服し、ようやく治ってきたこの逆流性食道炎、お年頃に要因があるとしたら、また発症してしまう可能性もある、わけよね? 

そんなの、イヤぁああ〜〜〜(>_<)(T_T)

しかしねぇ。
肉体の老化現象だけでなく、病気まで引き受けなきゃならないなんて。
げんなりですよ。
あーあ、早く春のツアー、始まらないかなぁ。実際に服用している『命の母A』より、ステージの上の『命の母A』を摂取するほうが、断然! お年頃には効果があるんだもの。
待ち遠しいなぁ。
トホホホホ comments(4) trackbacks(0)
Comment








>mayoko様

そんなにお若いころに?
それはかなりつらいことがあったのではないのでしょうか。
もう大丈夫ですか?

ストレス要因、は確かに考えられます。
そこに「加齢」も合わさって、この病気を発症したのかも。
ステージ上の『命の母A』、もうすぐ始まるツアーで摂取して、元気になりたーーーい! です。
from. 夏葉 | 2019/04/01 21:34 |
私は20代の頃に逆流性食道炎になりましたよ。
だから年齢によるものだとは思っておらず、むしろストレスだったと思います。
ストレスを発散する…まさにおっしゃる「ステージの上の命の母Aを摂取する」方が、絶対効果あると思います。
from. mayoko | 2019/03/31 22:08 |
>juju様

そうなんです、一度気にし始めるともう些細な不調でも不安になると同時に、結局行きつくところは「加齢」なのかとおもうと、げんなりしますね。
「加齢が原因」
と言われることを、坂崎さんもラジオで嘆いたので、気持ちがよくわかります。

早くツアーで最強の処方薬を取り込みたいです!

from. 夏葉 | 2019/03/31 17:53 |
身体の事って不安になり始めると、ずぶずふですよね。
病院行っても、加齢が原因ですと言われることが多くなって、
ほんとに?と疑ってしまいます。

私も終わる直前何年かは不順でしたが、
ツアーが始まるとやってくるという、
友達もいつもびっくりして、
はやり女性ホルモンというのは、恋なんだと実感させられました&#9825;
最後は3年前のNHKホール。
原宿の駅前で、慌てて薬局に走ったのを覚えています。


今年ももうすぐです。
夏葉さんも体調がよくなるといいですね。


from. juju | 2019/03/31 12:58 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7079
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>