時代の証人。
新しい元号が発表された日、それを報じる “号外” に群がる人々の映像が流れていました。その群衆のなかには、日頃「新聞はオワコン」だの「偏向報道」だのさんざんdisってる世代の顔もあったりして、わたしはそれを見ながら、なんのかんの言ってもまだ “新聞” を欲してるじゃーん、とおもいました。

で、先日、ぜんぜん違う用件で探し物をしていたらば、わたしが保存しておいた新聞たちがごっそり出てきて、それをすっかり忘れていたのでたいへんびっくりしたのと同時に、なるほど、とっておこうとおもっただけの『出来事』だったなあ、と紙面を眺めて改めて感じ入りました。

というわけで、そんな新聞紙面を3件、平成最後の日に、出してみます。
世界的な “大事件” と “新記録” と、そういうくくりではないけど、当時のわたしにとっては “画期的出来事” だったものです。

名曲『時代』の歌いだしではありませんが こんな時代もあったねと 同様、こんな時代だったねと。

ではどうぞ。










時事刻々刻々 comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様

ほほほ、わたしが含ませた毒にお気づきになるとは。
ありがとうございます。
わたし「マスゴミ」と言い募る輩が嫌いでございますので。
(ウチのおじぃたちの出ている媒体はすべて「マスコミ」ですからね)

SMAPに関しては、わたしも『平成の顔』だとおもいます。
やはり彼らの功績は大きい。
from. 夏葉 | 2019/05/06 13:10 |
「まだ新聞を欲しているじゃ-ん」のくだり
そうだよね〜と納得するような、安心するような、
でも笑うに笑えない深刻さもあり、
相変わらずの夏葉さんの鋭さに感心しています。

SMAPの広告を見たら「つわものどもが夢のあと」なんて思い浮かんでしまいました。
昭和の代表が、美空ひばりさんや山口百恵さんなら、
平成は間違いなくSMAPでした。


from. juju | 2019/05/02 11:08 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7103
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>