サンライズアゲイン。
連休最終日にどこまでいけるかわからないけど、今回の遠征のクロニクル、やります。
まずは往路の寝台特急『サンライズ出雲』から。
前回の乗車はこの時(2015年5月)
今回と時期は同じだけど、行き先が違います。目指すは《出雲》。古代史好きを自称するならば一度はいかねばならぬ場所でございます。
そしてそれならば『サンライズ』で! ということでウキウキと乗車。
しかし前回が上階の部屋だったのに対して今回は下階。



しかもどうやら車輪の上(ヘルマンヘッセのギャグになってしまった)。
いやもう、これが揺れる、揺れる! えっ、前回こんなに揺れたっけ?! と記憶を手繰り寄せたくなるほど揺れました。眠れなかったわけではないですが、翌日、降車してからも、ずーーと《揺れている感じ》がからだから抜けないくらい、ではありました。
そんな下の部屋からの視界。
ホームに居る皆様に上から見下ろされるので、めっちゃ居心地悪いです。
また、前回は事故による遅延の影響で岡山で下車して別の特急で目的地・松山へ行きましたが、今回は幸いにもそのようなトラブルに遭わずにすみ、終点まで乗車できたのですが、目覚めて朝ごはん食べて身支度してしまうと、あとは実に「ヒマ」。特にすることもなく、ボーっと外を眺めるのみ、でした。もっとゆっくり寝ていてもよかったなあと、それだけは誤算だったかもです。

とりあえず、車窓から見えた名所《宍道湖》です。



あと、通過しただけなんだが、初鳥取の米子駅。
鬼太郎さんファミリーが居られる〜〜!
いつか米子も訪れたいです。

んでもって、東京発から約12時間。
終着駅に到着しました。
このあと、出雲大社へ向かいますが、それはまた別記事にて。
鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7107
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>