まんをじして。


《歩く男》にデータをおとしていつも聞いている『皇帝』はこのCD。


2019.5/12 NHK交響楽団
於:NHKホール

・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 Op73『皇帝』
 −ピアノソロアンコール−
・ベートーヴェン:エリーゼのために
・ジョン・アダムズ:ハルモニーレーレ


N響でいつか! とずっと願い続けていた『皇帝』を僕はついに聴けたんだよ、パトラッシュ。
なんだかとても眠いんだ・・・・・・って、これじゃあ天使が迎えに来てしまう! ダメダメ、まだダメ、行けません。
いや、演奏中は天にも昇るおもいであったことは事実だけどさ。

本日はもう『皇帝』が聴ければそれでよかったので、メインプログラムのほうはタイトルはなんか聞いたことがあるような気がしたんだけど、作曲家も曲も知らないし、で、いざ演奏始まったら、もうぜんぜんその世界観がわからなくて、久々にウトウトしてしまったため、語れません、すまんこってす。
正直「へんな曲」って感じしかなかった・・・です。

でも、しつこいようだけど『皇帝』が聴けたから! もうそれでいいの! 満足なのーー!!
いつもCDで聴いてるウィーンフィルとの演奏解釈の違いもはっきりわかったし、音の違いも聴きとれて納得だったし、ピアニストの高音も優しくてよかったし、と、とにかく満足でがんす。
これであとN響で聴きたいのは『新世界より』だけになったな。でも来年6月までの公演スケジュール見たけど『新世界より』はなかった・・・。
よし! これは腹をくくって
 やらぬなら やるまで待とう『新世界より』(字余り)
の精神でいくしかないな、じっくり待とう。
(にしてもこういうコンサートで、まさか超知名度高の『エリーゼのために』が聴けるとは)




友よ、オーケストラの編成人数についての質問、調べましたよ。
まずはWikipediaのこのページを。
どうやら弦楽器よりも管楽器の人数を基準に編成名はつけられているようですぞ。
なので本日の『皇帝』は二管編成、ということになると思われる。
さらにきちんとした解説は、このページで確認するとよいです。

オールドファッション comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7114
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>