スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
そういうとこだぞ。
わたしが自身のことを「ダメファン」だなぁトホホ・・・となる要因はいくつかあるのだけど、いちばんヒドイのが、37年もギターバンドのファンをやってるくせに “ギターのことがぜんぜんわからない ” ことです。
さすがにエレキとアコギの見分けはつきますが、フォルムを見ただけでメーカーとブランドがわかったり、弾き方(技法)がわかったり、音をどういうふうに作ってるかを知っている等々、そういったことがまったく・ぜんぜん! わかりません。
なのでアルフィーが取り上げられたからとこの雑誌を購入してインタビュー記事を読むと、いつも
(しまった・・・・・!)
となります。
そうです、お三方が話してることのほとんどが、チンプンカンプンなのです。
これは賢様がよく話される「作曲しようったってできないものはできない」と同じで「わからないものはわからない」と、もう開き直るくらいわからないのです。
今回もそうでした。
インタビュアーの北村さん(わたしの親戚ではないです)が
「(新譜の)○○○○(曲名)は○○○○(ギターブランド)でしたよね?」
と、わたしからしたら「なんでわかるの?!」的質問をして、それにお三人が答えている部分なんて
「ごめん、ちょっと何言ってるかわからない」
状態です。
ほんと、ダメファン・・・・。

きっと多くの皆さまはメンバーのように弾いてみたい、とギターやベースを始めてみたり、そうでなくてもどんなギター・ベースを使っているのか、をきちんと調べたりしたのだとおもうのですが、わたしときたら、そういう気がちっともおきなかったため、こうなってしまいました。てへぺろ←そういうとこだぞ。

なので、こういう(↓)キャプションミスは気づくはずもないのでした。
気づいた人、すごいなあ。
わたしが気になるのは坂さんとセンセイが「行き詰まる」の意味で「煮詰まる」と使っていることのような重箱の隅つつくの介なことばっかりです(坂さんはともかく、盡澤先生としてはあまりよくないのではないかしら)。



ちなみにわたしは日本橋丸善に取り置きしておいてもらって買いました。


ALFEE comments(5) trackbacks(0)
Comment








>juju様

細かいとこに気づいてしまうのが「マニア(オタク)」なんだとおもいます。

ギターの種類・音関係の部分は「???」ではありますが、それがわからなくともレコーディングの話しのところは楽しいですよね。
ご本人の声が聴こえてきそう。

編曲に関しては坂崎さんもよく「楽譜でもらったものが難しくて」など仰ってますよね。
あれだけのキャリアとテクニックを持つ方でもそうなんだ、と驚きます。編曲ってすごいですよね。

from. 夏葉 | 2019/07/05 23:05 |
ギターでも絵でも曲でも、気がつく方っているんですよね。

ギターの欄はちんぷんかんぷんでしたが、
新しいCDの事前学習は、ばっちりです。
読んでいて、三人のレコーディングの様子が頭に浮かんできて
自然ににやにやしてしまいました。

高見沢さん以外の方が編曲した曲は、
やっぱり演奏するのもちょっと違うのですね。
そういうのを聞くと、なんかほのぼのしてうれしいです。
何度読んでも飽きないです。
やっぱりいいなあ、あの3人は最高です。
from. juju | 2019/07/05 22:29 |
>おみ様

あっ、よかった、お仲間がいらした!
どうしてこんなに覚えないんでしょうねぇ。
完全に「聴く」専門です。

おみ様と同じように、わたしも新譜を聴いて記事を再読する・・・をしています。
おかげで聴くポイントがこれまでよりはマニアっぽくなった気が(^^;)


>ヒロママ様

あっ、ヒロママ様もお仲間だ! 少なくともおみ様とヒロママ様とは “同病相憐れむ”ことができますね。
ほんとは仰る通り、賢様のベースくらいは詳しくなりたいのですが。
from. 夏葉 | 2019/07/05 22:23 |
ハハハ(笑)
私も同類です。
アルファベットと数字とカタカナが並んでる文章を目で追うだけで全くわかりません。
およそ30年振り位にこの手の雑誌を買ってみましたが何一つ進歩してません。ダメファンですね。本数の多い高見沢さんはともかく桜井さんくらいは語れるようになれたらなぁ。
しかしベースの傷はあのステージ本数分の勲章ですね。
from. ヒロママ | 2019/07/04 17:43 |
買いましたよ〜。田舎の本屋さんで。
山積みになってました。

まさしく、私もおっしゃる通りの状態です。
何言っているかわからない、見た目だけの違いしかわからないのです。
お値段も張るし、ギター雑誌なので迷ったのですが、内容の濃さに大満足です。
(ツアーパンフなど一切購入しないんですけどね…)
記事を読んでからアルバムを聴き、聴いてからまた読む。という、どこの参考書かという使い方をしてます。笑
少しは理解できるところまで成長かしら?
from. おみ | 2019/07/04 06:43 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/7146
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>