スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
おもてたんと違う。
(↑)この舞台を観た、正直な感想でござる。

この時には期待大で楽しみだったんだけど、いざ幕が上がったらわたしが想像してたような物語舞台ではなくて、ショー舞台だったでござる。
なので
「おもてたんと、違う!」
なのでござーる。
以上。


それよか今回は、国際フォーラムで初めて《ホールB7》に行ったんだけど、この「7」って、7階を意味しているらしく、めっさ上層階なのですよ。
ロビーからはこんな景色が。
皇居方面を臨んでるんですけど、この日は箱根駅伝の復路でかつ、もうすぐゴール時間だったので、日比谷通りに観戦する方々が鈴なりなんですが、わかりますかね?
中央をズームしてみますよ?
こんな感じでした。

またこの日はこういう催し(↓)の期間中でもあったので、こっちのほうがエエや〜ん(*^^)vと眺めてきました。



《蹴鞠》はたぶん「源氏」の「若菜上」のシーンじゃないかとおもうわけで、わたしは静かに興奮いたしました。なんせかなり精巧なつくりのジオラマなので!



階(きざはし)に腰掛ける若い公達がおそらく夕霧と柏木かと。
でも寝殿内の女性たちのなかに女三宮らしき人形は見つけられず・・・。残念。

次いで《騎射(うまゆみ)》は同じく「源氏」の「蛍」。

とても混雑していて、なかなかジオラマのみの撮影ができなかったので、アップ可能な写真が少ないのです・・・(´Д⊂ヽ

そして最も巨大なジオラマは《相撲節会(すまいのせちえ》。
これは「源氏」には無い場面なれど、あまりにデカく、迫力のある再現度に気圧されます。



最後は『万葉集』ブームを巻き起こした、新元号『令和』のルーツでもある宴の場面再現のジオラマ。



飛鳥・奈良仕様の衣装にワクワクいたしました。

にしてもやはり正月休み中なので、どこにカメラを向けても人。あちらにも人、こちらにも人。
なかなか理想の画(え)が撮れませんでした。
むろんわたしも誰かの撮影アングルに入り込み(邪魔やな)とおもわれてたはずですが。

まだしばらく展示されてるから、仕事帰りに寄ってみようかな。
その他のエンタメ comments(0) -
Comment








Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>