ザッツ・エンタテインメント!

この楽団の名前にピンとこなくても、この楽団が生み出したメロディーはきっと誰もが一度は耳にしたことがあるはず。
たとえばいまなら『KIRIN 一番搾り』のCMの鼻歌(以前わたしが「育てる」ってなんやねん! と文句言ったやつのシリーズ)。
あれはグレン・ミラーの『茶色の小瓶』という名曲なのだ。


または『SUZUKI ワゴンR』のCMのBGM。
こちらは『イン・ザ・ムード』(わたしがいちばんすきな曲)で、これもまた有名。

ことほどさように彼らの楽曲は我々の周囲にいつのまにか流れているのだ。

昨日のセトリもそんなナンバーで埋め尽くされていて、もうかっこいいったら、なかった!!
言っちゃなんだけど、やっぱ本場は凄い。同じ楽器編成なのに、夏に聴いた日本の楽団とはなにかが違った。
たぶん人種のDNAに組み込まれたリズム感、なんだろーなー。
「パパンがパン」がDNAの日本人にはまだまだ遠い、スイングのリズムなのだ。
ああ、素晴らしかった、また行きたいなー。


ところで。
こういうビックバンド形態のライブが初めてなので、ステージ中央で指揮を執る男性がボーカル曲で歌い始めたときはつい
「オマエが歌うんかい!」
とココロの中で突っ込んでしまいました。


2017.12.3 グレン・ミラー・オーケストラ 
於:Bunkamura オーチャードホール

・MOONLIGHT SERENADE
・CARIBBEAN CLIPPER
・(I'VE COT A GAL IN)KALAMAZOO
・BLUEBERRY HILL
・A STRING OF PEARLS(真珠の首飾り)
・ALMOST LIKE BEING IN LOVE
・I'M GLAD THERE IS YOU
・TUXEDO JUNCTION
・AT SUNDOWN
・FALLING LEAVES
・AT LONG LAST LOVE
・AMERICAN PATROL
・LIKE THE FLOW OF THE RIVER(川の流れのように/カバー)※
・IT HAPPENED IN SUN VALLEY
・DON'T SIT UNDER THE APPLE TREE
  (WITH ANYONE ELSE BUT ME)

 −intermission−

・SKYLINER
・I'M OLD FASHIONED
・PENNSYLVANIA 6-5000
・THE RHUMBA JUMPS
・LOVE ME OR LEAVE ME
・LITTLE BROWN JUG(茶色の小瓶)
・SLUMBER SONG
・CHATTANOOGA CHOO CHOO
・MY WAY
・IN THE MOOD(イン・ザ・ムード)
・MOONLIGHT SERENADE

 −アンコール:確認できず−

※日本公演限定プログラム







オールドファッション comments(0) trackbacks(0)
swing×swing。

Bunkamuraオーチャードにて、懐かしいスタンダードJazzでswingしとります。
もー、ちょーかっこええ!
(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
やっぱすき。

うー、やっぱ『オリオン』すき。
というか、これ入った【サンイチ】がすきだーーーーあ。
(訳:「Kトラ」を聴いています)




評価:
高見沢俊彦,橋本淳,Masato Kamata,Yuichiro Honda
ユニバーサル ミュージック
¥ 3,247
(2015-12-23)

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
2番!


新聞広告を目ざとく見つけるオカン。
西本さんが振るラフマニノフのシンフォニーとコンツェルト、両方2番。
そりゃ行くでしょ、そうでしょ!
1回券を申し込みましょうぞ。
来年の夏の話しだけどね。
オールドファッション comments(0) trackbacks(0)
Get Your Lucky!



詳細はコチラでも。


限定グッズはともかく、このつり革にはお目にかかりたい。
城ホール遠征の時、チャンスはあるだろうか。
むむむ。
鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
千日前。
ったって大阪の地名ではなくて、東京パラリンピック開催の1000日前、なんだってさー、今日。


見慣れない配色で、なんだろうとおもって公式サイト調べても理由は載ってなくて
「えー、なんでなん?」
と訝しんでたらちょうどニュースで
「パリンピックの1000日前で・・・」
そう解説してくれた。
百合子も来て、点灯式してたらしい。
ふーん。

SKYTREE comments(2) trackbacks(0)
女に生まれて−その2−


なにが恐ろしいかって、このマンガ、天下の『資生堂』さんが公開している、ということだ。


女の大半はこの「ダルちゃん」と「サトウさん」要素を持ち合わせているはずだ。
でもって「ダルちゃん」要素を上手に溶解し、飼いならし、昇華できた人がつまりは、自虐的・ギャグ的・半分本気で使う「女子力が高い」のだとおもう。
そして残念ながら(?)「サトウさん」の要素が濃くなってしまうと、その対極を生きるようになるわけだ。

どっちが正解、なんて決まってないけど、どっちにしてもめんどくさい。
そりゃ化粧でもしなきゃ「やってらんねぇ」よな。
ちなみにわたしの化粧下地は「マキアージュ パーフェクトマルチベースBB」だ。







どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
人間だからめんどくさいんだ。
ありふれた日常 comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017 秋の祭りは港のアルフィー・ヨコハマ・ヨコスカ−


一寸前のことも憶えてないのに
一年前のことなんて さっぱりわからないね
髪の長い男なら いちばん右に立ってるけどね
悪いね、他をあたってよ
アンタ、アルフィーのなんなのさ?

半年前にもやってたはずさ
アタイたちにもいいめを見せてくれたよ
超特急やSPYAIRのお客を沼に引き込んだってサ
そりゃもう大さわぎ
仁義を欠かかずにそういうことできるのさ
アンタ、アルフィーのなんなのさ?

ハマからショバ替えしたんだよ
あっちがしばらく使えなくてさ
去年の秋まで使ってたよ、3階席まで満杯にしてさ
改修が済んだら戻るんだろうよ
なんでそんなことを、なんて知らないね
アンタ、アルフィーのなんなのさ?

昨日の夜までそこにいたよ 汐入駅から歩いてすぐさ
オペラハウス仕様でさ 5階席まであるからオドロキさ
伝統文化じゃあないけどね それでもあそこでやるんだよ
どうかしてるね
アンタ、アルフィーにハマったね!



続きを読む >>
ALFEE comments(2) trackbacks(0)
このみなんです。
嵐ちゃんのツアーグッズが好みに合いすぎててつい妹に
「欲しい・・・」
と頼んでしまった・・・。

ウチとこもこういうテイストだったらいくらでも買うんだけどなー・・・。


でも全盛期のスマグッズのかほりがしている。
その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/277 | >>