スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
アル中たちのいたところ。45周年は大団円でおめでとうございます。

なんですか、昨今は「大団円」という単語をご存知ない方が居られる、という話しを耳に挟みましたが、まさかこちらをお読みくださっている皆様にはそのような方は・・・・・・。
ということで、改めまして2020年、あけましておめでとうございます。
本年もマイペースでやっていきますので、お暇な時間にお読みいただければ幸甚でございます。
御贔屓よろしくお願い申し上げます。

てなわけで、新年一発目の記事は、通年ファイナルである大阪城ホール公演のことを書きましょう。
とはいえ、すでに1週間近くも前のことでもあり、わたしの記憶力がたいへんに衰えてしまったこともあるので、たいしたことは書けません。
でも、とにかく素晴らしいファイナルであった、ということだけは書いておきたい、のです。
最後の最後、センセイのお声が辛そうになってしまっていましたが、それでも素晴らしかったです。
なによりもセットリスト。
これの「妙」といったら!
センターステージの残念な部分である、自席の反対側にメンバーが行ってしまうと見えない、ことはあれど、それでもあのセットリストならば、大半のファンは心打たれたに違いない、とわたしはおもいたいです。
特にラストの『Pride』。
いまおもいだしても泣きそうになるんですけど、あれは最高でした。
わたしが26日の夜、歌いながら歩いていたのはこの曲なんですが、とにかく “絶品” も絶品。
未だアリーナクラスの会場に生声を響き渡らせる力も凄けりゃ、そのハーモニーも、訴えかける力を伴った説得力も凄い。
ましてや29日の大阪城ホールのそれは、絶品だけでなく「圧巻」「一級品」「極上品」「極め付き」等々・・・すべての日本語のなかから褒め称える意の言葉を捧げたいほどでした。
最近、歳のせいか涙もろくなっているんですけど、29日は『Pride』と『Musician2019』で涙腺を刺激されまくり・マ・クリスティでして、終演後の打ち上げの席でもこの2曲に話題が及ぶと泣いていたという(わたしは決して泣き上戸ではない)ほど、ファンタスティックであったとおもいます。
ああ、ほんとうになにもかもが尊い・・・・・・。
そんな心境に落ち着く、ファイナルの夜でございましたよ。


そして2019年を総括いたしますと、春秋冬のツアーに加え、夏の幕張と大阪での記念式典と、45周年は四季を通じて我が神様を感じられた、ほんとうに佳き一年であったと感じ入りました。
仲間ともしみじみ
「いい一年だったねぇ・・・・」
と感嘆のため息で頷き合いました。
願わくば、皆様のファン活動も、同様の感想であればよい、ですがいかがでしたか。


それでは〆として。
開演前の会場。実は開演前にグッズ購入列に並ぶのは大阪では初めて。
かなり早い時間に行ったつもりなのに、この行列を見て「もう笑うしかない」状態。
このあと、最後尾に行きましたけど、皆さん、凄いなあ、となぜか他人事(ひとごと)のように感心してしまいました(いや、当事者だっつーの)。

そして終演後の会場。
もうツアトラが待機していて、さすがさすがのツアースタッフ、と舌を巻きました。
我々が安心してヲタ活できるのも、有能なスタッフあってこそ。
2020年もよろしくお願いします、と手を合わせたとか合わせなかったとか。


そんなこんなで、皆様、本年も楽しくアル活いたしましょう!

ALFEE comments(3) -
あけおめ! 2020!

- comments(2) trackbacks(0)
冬の陣参る。

おはようござりまする。
わたしとしては早めのスタート。
東京の天気は晴れだけど、大阪はどうかしら。
周年記念の締めくくり、快晴のまま迎えたいからお天気のかみさま、どうかお願いします。

さて、魂飛ばしてくださった、おみ様、風子様、ヒロママ様、しろみ様。
確かにお預かりいたしました!
今宵は皆様とシンクロしてることを忘れず、盛り上がります。
また、ルナ様、けい様。
ご一緒の空間に居られることを嬉しくおもいます。
共に通年ファイナルを見届けましょう!

ケータイ見聞録 comments(2) -
アル中たちのいるところ。−2019 冬の乱(特に26日)は “志ん生の富久” −

「絶品」
てことなんですが、個人的には単語の後ろに「!」マークを3つくらい付けたい。
そのくらい素晴らしかったです!!!
特に26日は、いわゆる「筆舌に尽くしがたい」というやつで、言葉も文字も見つかりません。
ただただもう
「凄い、カッコいい、尊い!」
です。
あまりに素晴らしくて、飲んでもいないのに酔っぱらったように(3人に酔わされたのよ)、寝静まりかけた住宅街をひとり、この日のラストの曲を歌いながら歩いてました。
そしたら会場と同じようにまた泣けてきてしまって、ハタから見たらへんなやつ、になってしまってたです。
でもいいの、そんくらいよかったから。
自宅に帰りついてもへんなまま、グッズのカレンダーのスリーショットに向かって
「かっこよかったっすー、すてきでしたー、もうずっとついてくー、ありがとうございます、あと5年は生きていたいですー」
とかなんとか支離滅裂なことを言い募ってしまった。
完全にスパークしてました。

そんですぐ寝たです。


さあ、残すところは大阪。
45周年を締めくくる、いいライブになりますように!
あ、わたしに魂預けたいあなた! 明日までに飛ばしといてね〜〜〜!!


お詫び:タイトル、「いだてん」見た人でないとわからんのでごめん。

ALFEE comments(7) -
これもひとつの禁断症状。
この日に九段下に行かない、ということがどうにもこうにも落ち着かない。
これもたぶんアル中の「禁断症状」と言っていいとおもうんだけど、どうでしょう。

ということで、夜を持て余しそうなので、とりあえず九段下に行ってみました。
無意味なのは、言われなくてもわかってますことよ。
完全なる自己満足です。







例年なら我々アル中でごった返しているはずの場所に、近隣にお勤めの皆さんしか居なかったり人の姿が見えなかったりして、ちょっと寂しい。

暗がりの “タマネギ”。

いつもならここにグッズ売り場があるわけで。

正面入り口なのに、赤い看板も暗くて見えない〜〜(>_<)、あうあう。

いくら25日と26日に代々木があるったって、やっぱりここがいいなぁ。
どうか来年はここに戻って来られますように。
ALFEE comments(0) -
攻めてる公共放送。
新聞のテレビ欄にあって「ちょっと面白そう」と録画しておいたのを見たら、アホほどシュールで面白かった!!
なんなのだ、最近のNHKは。
へんなスタッフが増えたのか?(褒めている)
こういう空気、往年の『ごっつええ感じ』のコントにあったなぁ、と嬉しくなってしまった。
特に上の投稿の本文にある『宇宙テレビショッピング』ってのが突き抜けていて、大笑い。
なにしろ宇宙人の扮装してるのが国広富之とさとう珠緒。
めちゃくちゃ微妙な線からの攻めではないか。
そのふたりが、深夜やBSで放送されてる通販番組のテンプレに則って、地球(というより日本)のグッズを紹介する構成は、自嘲感に満ち満ちているため、SNSのアカウントアイコンに日の丸つけてる層の方々からはお決まりのフレーズが出そうな勢いすらあるのだった。

また “数少ない地球人の生き残り” という設定でゲストに呼ばれてるのが柄本時生、てのもなんかいい。
にじみ出るなんで呼ばれてるのかわからない感や、取り上げられているテーマ(例:歌舞伎)に対する無関心っぷりも、リアルであるのだ。ひょっとしたら彼だけ番組の台本、読んでないのでは? とおもわせてくれるほど。

どうやら今回で放送が2回目らしいのだが、なぜ! なぜ1回目を私は見逃したのだろう!
非常に悔やまれる。

ということで3回目の放送があるのなら、みなさんもご覧になるのがよいとおもうぞ。


その他のエンタメ comments(0) -
あらっ⤴

センセイの回。
我が家がフレームインしててなんか嬉しい。

しかし、いつ来たのかしら。
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
#10 進化論B。

この世の終わりのような
醒めた群衆の中
泣き叫んでみたって何も変わらない
だけどまだ生きる誇りがその胸にあるのなら
前を向くだけで 何かが見えるEvolution
君のEvolution


・・・・・・駄洒落にもなってなくて申し訳ない。
でもこの歌聴き込んでいるうちに、キーワードの「Evolution」にこの電池の柄が頭に浮かんじゃってどうにもこうにも・・・・・・。

なので撮ってしまった次第。

こんなに鋭いメッセージなのに、ほんと、申し訳ない。
小ネタ DE ALFEE comments(2) trackbacks(0)
カメラを持ったギタリスト16.−坂さんの東京。−

早く落書きしに来ないかなー、と待ってたので
このお知らせを見たらもう、行くでしょ、そうでしょ!

で。
行ってきました。
今回のメインテーマは、来年のオリ・パラを意識してるのか、「東京」。
撮影場所は、わたしが見る限り東京駅周辺と渋谷と湾岸沿いが多く、ひとつの街でかなり集中して撮ってるなぁ、という印象。
時刻も夕暮れから宵にかけての時間帯のものが目立ち、とても神秘的でした。
あんな色、どーやったら撮れるんだろう。ギターに引き続き、カメラでもレクチャー本、出してくれないかなあ、とつくづくおもうのでした。

なお、サブテーマである「重ねてみるフィーユ」。
これはギャラリーに行って、作品見て初めてその意味がわかりましたよ。
てか、フィルムカメラならいざ知らず、デジカメでもあの手法が使えるのだと知ってびっくらこいたことです。

ところでこりギャラリー、閉鎖になってしまうとのことで、たいへん残念。
移転先も未定とのことですが、わがままなお願いを言わせてもらえるなら、なんとか中央区内でよろしくお願いしたいよー。

でもとりあえず、長い間、ありがとうございました!



- comments(0) trackbacks(0)
もーすぐ春ですね!
と、ボケを通過してやけっぱちで言ってます、こんばんは。
これから寒くなるこの時期に、我々には春の便りが届きましたね!
いやあもう、嬉しいやら困るやらですが「ありがたい」のはいつも同じですね。

ということでさあ、どこへ行きましょうか。
公演本数は増えたけど、わたしの参加本数はこれまでと変わらないかな〜〜。
赤文字のところに「なんとしても行きたい!」です。
青文字は「行けたらいいなぁ」で。
先日初めて熊手も買ったんだし、チケット、取れますように!!
皆様はいずこへ?

THE ALFEE
Best Hit Alfee 2020
春の夢

4/ 2(木)川口リリアメインホール
4/ 5(日)宇都宮市文化会館
4/ 8(水)府中の森芸術劇場どりーむホール
4/12(日)静岡市文化会館
4/13(月)市川市文化会館
4/17(金)仙台サンプラザホール
4/19(日)リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
4/23(木)相模女子大学グリーンホール
4/25(土)ロームシアター京都メインホール(京都会館)
4/26(日)ロームシアター京都メインホール(京都会館)
4/29(水祝)桐生市市民文化会館シルクホール

5/ 2(土)岡山市民会館
5/ 3(日祝)山口市民会館
5/ 6(水休)三重県文化会館
5/ 9(土)富山オーバード・ホール
5/10(日)新潟県民会館
5/16(土)福岡サンパレスホテル&ホール
5/17(日)福岡サンパレスホテル&ホール
5/23(土)須坂市文化会館メセナホール
5/30(土)NHKホール
5/31(日)NHKホール


6/ 5(金)札幌文化芸術劇場 hitaru
6/ 6(土)苫小牧市民会館
6/13(土)フェスティバルホール[大阪]
6/14(日)フェスティバルホール[大阪]
6/17(水)神奈川県民ホール
6/27(土)広島上野学園ホール
6/28(日)広島上野学園ホール

7/ 2(木)大宮ソニックシティ
7/ 4(土)名古屋国際会議場センチュリーホール
7/ 5(日)名古屋国際会議場センチュリーホール


ALFEE comments(4) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< | 2/319 | >>