いいで熱い故郷。

静岡着いたら直虎さんおった(≧∇≦)
横がいえやすくん。
ドラマ的に見れば、よくもまぁ、直虎さんの隣に立てるものよのぅ、なんだけど、ゆるキャラ界にはそんなこと関係ないのであーる。
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
女子の電車。

こんにちは。
誰も待っていないけど、乗ったからには書かずにはいられない、乗車クロニクル。
今回は磐越西線と東北本線を走る『フルーティアふくしま』の巻であります。
で、わたしが乗ったのは郡山⇔会津若松の区間を、主に土日・祝日に走る磐越西線のほうでした。
コンセプトが “走るカフェ” なので、午前中ではなく午後運行便をセレクトし、会津で1泊して帰京、というコースです。

しかし、しかーし!
出発前から「カモシカの衝突に因る遅延」というビミョーなアクシデントに見舞われてしまい、旅の先行きがやや不安に。
でも写真はしっかり、撮りますよ!

まずはとにかく『フルーティア』推しの郡山駅構内。



とにかくいたるところに『フルーティア』のロゴや車体写真であふれてます。

そして遅れること13分ほど。
走る女子『フルーティア』が入線してきました。
おお、姫様、御尊顔を拝し恐悦至極に存じまする。
この車体のカラーリングで好ましいのは
「オンナコドモ向けならピンクにしとけば?」
という、いわゆる「ダサピンク」な意識が見られないところ。
黒・赤・木目というとてもスタイリッシュな外観は、ステレオタイプの女子になりきれない鉄子の、あさって方向に無駄に高い自尊心をくすぐるのです。

とかなんとか講釈垂れてる場合ではありません。
なんせ入線からして遅れているので、折り返し運転のための清掃も急ピッチなら、乗り込みも急かされます。
ホームで撮影会を繰り広げたいところ、その余裕もなく車内へ誘われ、乗車の感動に浸る間もなく発車なのでした。

人気の列車と聞いていたのですが、この日の乗客は北村家(3名)の他は2グループのみ。
おかげで車内で自由闊達に振舞えましたので、もし乗ってみようとおもった方は、午後便を選ぶとよいかもしれませんよ?
また、この『フルーティア』、わたしがこれまで乗った観光列車と大きく違うのがその乗車時間です。
なんと1時間弱という短さ。
『伊予灘』が約2時間20分、『しゅくら』が約3時間半というのに比べ、その短さは一目瞭然。
あまりのんびりゆったり、はできないのであります(写真なんかにかかずらってると特に)。
なので、乗ったら即、メイドスタイルの乗務員さんが
「今月のスイーツです」
と言って、ケーキの箱を配膳してくれます。
その箱がかわいい。
シールもかわいい。
んでもって9月までの桃づくしスイーツ。
黄金桃のショートケーキと黄金桃とナタデゴコのパニエ(パニエってなんやねん?)。
また、ドリンク類はホットコーヒーかジュース。紅茶を飲みたい人は、お隣の車両のカフェコーナーのドリンクバーへ取りに行くシステム。
でもコーヒーかジュースでないと、ロゴいりカップではなくなるのでご注意を。

あと覚悟しといたほうがいいのは、揺れ。
なんやしらんがよう揺れるんですわ『フルーティア』。
おかげで写真が撮りづらいったら。
ちゃんとミニ三脚まで持参して臨んだのに、それでも画面がブレるほど、揺れますのですよ。
こんなかんじに。

これはスマホでの撮影にもあてはまりますので、乗ったら頑張って撮影してね!

肝心のスイーツはたいへん美味でした。
果物の甘味を際立たせたいのか、砂糖の甘さはとても控えめ。
なので甘いものが得意じゃない方でも安心して召し上がれますよ。
ほほほ、食べかけ失礼。
こんなにクリームたっぷりでも全然くどくなくて、桃の甘さがお口にひろがります。
うーん、最高。


という感じで堪能していると、あっと言う間に会津若松に到着です。
正直、ちょっと物足りない気がしてしまうので、40分ほど乗車時間が長くなる東北本線の運行便に乗って比べてみるのもいいかも。

会津若松駅の改札外にも『フルーティア』。
でもこれくらい。
郡山の推しの強さと比較するとこちらはそんなに熱くない感じ。
やはりSLが来ているから、売りはそっちなのかも。


そんなこんなで、実はブラタモなぞりだった観光記録はまた次回。







鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
I Know You!
あっ。
あなた、どこかで会いましたよね?
だって見覚えありますもの。
えぇとあれは・・・春頃・・・だったかしら。
うん、確かにお会いしてますわよ。



ロッテさんの眠気覚ましガムの包み紙です。
テーブルの上に置いといたら、おかんまでも
「あら、あんたに買ってきてもらったTシャツの柄じゃないの」
と申したので、わたしの思い込みではないと立証されました。
ゆえにアップしまーす。

似てるよね?

どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017 の秋祭りは愛を叫べ−

昨日、コーフンのままに駅でアップした終演報告記事のタイトルの「愛と自由と平和」を、わたしは以前『高見沢トリコロール』と勝手に名づけ、センセイの曲は概ねこの3つのテーマで成り立っている、などとえらっそーにぶったわけですが、でもやっぱりそうなんだとおもいました、昨夜!

このいまの日本の現状。
この空気のなかで
「愛だ! 自由だ! 平和こそすべて!」
などと主張しようものなら、右の極みのほうからへんなもの貼りつけられかねないなかで、あそこまで愚直(褒めてる)にこの3本柱を堂々と主張するおじぃたちを、わたしはペンライト振って讃えたいです。


さてところで。
この秋祭り初日は公演通算回数「2640」本目。

いやー、すごい。
ほんとにすごい。
ファンながら呆れるほどすごい。

これだとホントに3000本行けそうよね。
わたしも健康を保って、3000本記念ライブには、ぜひ参加したいものです!


じゃあみなさん、年末までよろしこねーー!(^O^)/



※私的御礼
 昨日会場の2階、もしくは2階への階段のところで
 シルバーのブレスレット拾って
 会場のお兄さんに預けてくれた親切な方!
 どうもありがとうございました!
 私にしては高い買い物だったので
 たいへんに助かりました!
 感謝・感謝!!

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
愛と自由と平和!

終わったよー!
五輪よりもはるかに平和の祭典が。
この秋もたのしーよ、みんな!
リキ入れてそれぞれの街に参加してちょーだいっ!!!
ALFEE comments(4) trackbacks(0)
天高く。

会館前からポスターの馬肥える秋の空。
秋祭り初日は暑さとの我慢比べからスタートなのだ。
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
なんとか映えする写真?

眩しい白です。
鶴ヶ城。
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
実はブラタモなぞり。

ぐるりと一周さざえ堂。
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
さいとしーいんぐ。

うっかりしてたんだが、磐越西線も東線同様ダイヤがまばらで、郡山まで戻る電車に限りがあるのだ。
なのであんまり観光できなさそうだが、なるべく頑張る。
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
こんな電車です。









鉄子の道 comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/274 | >>