スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
「中野のパパのマンション」。
『ガラスの仮面』の、巻数は忘れたけど、舞台『奇跡の人』のヘレン役オーディションを受けることになった亜弓さんが、アニー・サリバン役の歌子さんに演技指導されていると思われたくない、母親の七光りで役を得たと思われたくない、という女優のプライドを守るために、自宅(豪邸)を出て行くシーンでタイトルのセリフを言うんですよ。
「中野のパパのマンションを借りるわ」
って。
(まあ、それでもパパのマンション、だから親の庇護のもとに居ることに変わりはないんで、やっぱお嬢様やねぇ、と庶民の読者はおもうわけだ。しかも3日に一度は梅乃ばあやも来るし)

で、読んでいて私はずっと脳内で(こんなふうなマンションなんやろなぁ)と想像していたのがあったんだけど、中野に行ったら、その想像どおりのマンションが建っててですね!!
こちら!(↓)


いやもう、ほんとに、なんでこんなにもイメージどおりなの! て感じでした。
というか、一説によると美内先生のご自宅は吉祥寺とのことなので、このマンションが実はモデルだった――でもおかしくないんですよね。
うん、きっと美内先生もここをイメージしたに違いない、そういうことにしよう!
と、勝手におもいこむことにしました。

という、それだけの話し。



どうでもいい話 comments(0) -
#018 希望の橋
※クリックすると拡大します

満たされぬ心がいつだって
未来のビジョンを遠ざける
この都会(まち)で夢を叶えるには
何よりも自分に打ち勝つことさ

いつでも本気で立ち向かうのさ
気力しだいで未来は変わる
どんなに季節が変わろうとも
ありのままの君でいればいいさ

ここに生きる意味を確かめて
試練という河を越えて行こう
そしてきらめく流星のように
一瞬にすべてをかけて生きよう

この世にたった一人の君だよ
流れる河に逆らうように
誰にも真似出来ない生き方で
どこまでやれるのか頑張ろう

向かい風にも負けない勇気で
吹雪にも凍えないその愛で
弱音を吐かないタフな心で
現実を越えて行け!希望の橋を渡れ!


センセイの歌詞って、ほんとにその時・そのご時世にあうのがあるんだよね。
とにかく我々ファンは、来春の「夢のつづき」を見るために「どこまでやれるのか頑張ろう」しか、ないよね。
そりゃ遠出とかしたいけど。
みんなー、もうひと踏ん張りやでー。


小ネタ DE ALFEE comments(2) -
奇跡をうみだすスーパーシティ。
異動した部署では、いわゆる「お役所の公式SNS」をチェックすることが多いのだけど、その中にすんげーきれいな写真ばかりなアカウントがあるんですよ。
【東京都生活文化局文化振興部】てところのものなんですけどね。
こちら(↓)です。

東京都が持ってるInstagramアカウントは百合子のと広報課ばっかり見ていて、こんなに素敵なアカウントを見落としていたとは・・・! 不覚!

で、投稿写真を遡って見ていたら作品の風合いがあまりにバラバラじゃあありませんか。
これは撮影者はひとりじゃないぞ?? どういうシステムだ? と調べたら都ではこのアカウントの公式カメラマンを一般公募してると判明。最近だと3年前に、2回目のコンテストがあったようで。
そりゃあきれいな写真だらけなはずだよ、みなさんプロかセミプロだもの。
広報課の写真も悪くないけど、なんつーの? 風合いというか雰囲気というか・・・そういうのが格段に違う。東京の街って、こんなに美しいんだ――と、見ていてとても勉強になるのです。
うーむ、恐るべし東京都の文化振興部。

その他のエンタメ comments(0) -
大顔面おばさん vs 小顔お嬢さん
あたしゃ顔がデカい
だからマスク特大サイズ
あたしゃえらが張ってる
だからマスク隙間できがち

ビックフェース!
スリーエル!(3L)
メンズライク!
Woo Woo Woo

あたしゃ顔がデカい
だから写真は撮りたくない
許容範囲は狭い
だからキレやすい

隣のあの子は顔が小さい
「え、マスク特大なんですか? 女性で?」
仕方ない、普通サイズなんかはめられない
政府の布マスクなんて論外〜

つけた! 夏の夢のクールマスク!
そしたら鼻に赤い筋
くっきり! くっきり! 顔でかおばさん
マスクの折り目が食い込んで
左右の頬にもマスクライン
マスクはずしたい ソーシャルディスタンス


センセイのソロプロジェクトの名曲「騒音おばさんvs高音おじさん」をもじってみました。

というのも、今日早速クールマスクつけて出勤したんだけど、勤務先で手洗い・うがいするためにお手洗いではずして鏡見たら、鼻のラインと両頬にくっきりとマスクのラインがついてて泣きたくなったのでした。
マジかよ〜〜〜( ノД`)シクシク…



トホホホホ comments(2) -
おおぅ・・・!

レコード持ってるけど、それを再生するプレーヤーがない身からするとなんと魅力的な!
これ、ほんとにいい作品なんだよねー(特に交響組曲のほう)。
原作の高千穂さんが、ハリウッド映画のサントラを目指して、ちゃんとオーケストラに演奏してもらっただけのことはあって、本物のクラシック演奏会みたいなの。

買っちゃおうかなー・・・。
オタクの血が騒ぐ comments(0) -
笑うって幸せ。

『夏の夢』DVDパンフレット公式版のトークは、たぶんこのスタジオで収録されているとおもわれます。
かなり雰囲気のある施設で、普通に撮影に入らせて欲しい感ある。

さて、我が家にも届いたのでさっきまで見ていました。
笑い死ぬかとおもいました。
そして感じました。
腹の底から笑うって、幸福だなぁと。
そりゃもちろん、ライブで感じる幸福感には敵いませんけれども、でもお三方がくれる時間には変わりないわけで。
ただびとが「神」を感じる瞬間て、こんな時ではないかしらねー、とキモチワルイことを言ってみる。


グッズ、楽しみにしていたビックTシャツが、想像以上に袖丈が長かったので驚いています。
これだったらジレとかのノースリーブを上から羽織りたいねぇ。でもそれが似合わないんだよね、私。
フツーに着て歩きたいぜぃ。


ALFEE comments(4) -
噂の現場。

  ↑
 ここね
  ↓

この階段口、わたしはかなりの頻度で使うので、もう番線案内板見なくても、それこそ体感でどっち側のホームが渋谷方面・浅草方面て覚えてるんだけど、そうじゃないとこれは間違うよね。
しかしなんだって銀座駅はこんな初歩的なミスをやらかしちゃったのかしら。

どうでもいい話 comments(0) -
地の利。
まさにここに、昼休みに行って購入してきたのでござーーーる。(4Fの売り場から下へ降りてゆく階段の踊り場で撮影)
ご近所だから、つい、事務所サンダルのまま出かけてしまったぜぃ。

にしても山野楽器さん、もう店頭販売とかやってもらえないんだなぁ、とちょっと寂しかったです。
『バトルスターシップ』発売時の、あの大型幕が強烈で最強だったからなぁ・・・。
ALFEE comments(2) -
秋と冬の夢ですね!

日程を見ると例年の秋ツアーとファイナルシリーズっぽい。
違うのは賢様のお誕生日に配信があるーーーーーーー! てこと!!
いやあ、これはたいへん!
全配信を見るべきか、それとも通常のツアー同様「行けない」ところは我慢するか・・・。
悩むわ・・・。

みなさん、どうなさいます?


ALFEE comments(4) -
Oh、ニアミス!?

この話しがほんとなら、わたしー、先月ここ行ったぁああ!

と言っても中には入れなかったんだけど、外から見て、えらくかっちょいい会館やなぁと感心したことです。
おまけに敷地もおしゃれでさー。
つい写真撮っちゃったんで、載せますね。

正面入り口? にはこんな(↑)モニュメントあった。
それと、会館への別の入り口? まで行くのには
こんな(↑)オサレな階段が。でもすっげー長いんだ、これが。
平均年齢高めな我々にはちとしんどいかも。
それからその階段の手前が
こんな(↑)すてきな庭園ぽい空間なのです。
カフェとかもある、もう、キラキラした空間で目がくらみましたよ。

このへん一帯が再開発後の新しい施設だらけだったので、この会館もオープンしたてというのは納得です。
見ながら、おじぃたちもここでやったらいいなー、とかおもってたのですが、まさか実現するなんて! とべっくらです。
ま、ホントにここでやったなら、の話しですが。



ALFEE comments(0) -
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< | 2/332 | >>