平成も終わろうというのに。


↑貼りつけといてなんなんですが、日経MJさんは電子版を無料では一文字たりとも見せないようにしているので、この記事を読んでもらえないのです、申し訳ございません。
なのでざっくりと説明しますと、世に浸透している「オタク(ヲではない)」の女性のイメージは昨今は違いますよ、一般の女性と同じですよ、という今更な話を入り口に、そのオタク女子たちのもたらす経済効果を幾つか例を挙げて紹介し、また、実際に「オタクです」と名乗りその活動と生態を本にして出版した4人組に話を聞いているものです。
さすが「日経」。

とはいえ、女が好きなものにお金をつぎ込むことにいい顔をしない一部の方々(日経を読むような)に、ここまで懇切丁寧に説明してやる義理はあるのか、とおもわないでもないわけですが、へんな保守団体も蠢いているご時世だからちゃんと存在を主張しておかないと、オタク層なんてあいつらみたいな思想の持ち主がよを牛耳ったら真っ先に抹殺されかねないですから、こういう記事も必要かも。


で、貼りつけた2件のつぶやきの上のやつでちょっと見えてるあの図解。
あれだけで大半のオタク女性は苦笑するとおもうのですが、あれを全部書き出すとですね。

(×・・・誤ったイメージ  ○・・・正しいイメージ)

×:推しに夢中で “廃人”になったり破産したりしているのでは
○:実際の生活と折り合いをつけている
○:仕事にも打ち込む(推しに嫌なことがあった時は特に)

×:一つのことしか興味ない
○:他人の推しにも興味


×:抑圧されていると感じている
○:ゆるいリベラル。他人を否定しない
○:SNSのつぶやきは慎重に

×:まわりと交流しない
○:消費を楽しんでいる
○:服にも化粧にも興味あり


まあ、そういうことです。
ピントが合ってるんだかズレてるんだか。
これの「×」の例であげられてる性質って、オタクに対するものでなくて、仕事人間のおっさん自身にもあてはまるじゃんね。

でも不思議なんだけど。
いま「おっさん」「おばさん」と呼ばれるのって、我々の世代だとおもうのよ。
その我々、オタクの始祖層として白眼視されてきたから、こうしてレッテル貼られることの辛さを骨身にしみているはずなのに、なんでそれを若い世代にやっちゃうのか。
偏見に苦しめられながら、ああいう見方をする大人にはなるまいと、心に誓ったはずなのに。

ああそうか。
「日経」を愛読するようなゾーンの方たちは、若いころから “まっとう”な道を歩いてきたから白眼視されるような、偏見に悔しいおもいをするような経験がないのかも。

そりゃあご説明して差し上げる必要もありましょうね。



死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
続きできました!
どのくらいの方が待っていてくださったのかはわかりませんが、できました、ようやく!
拙著『ローヒールレジスタンス』の【第2章】が、書きあがりました。
ほんとうは1月のうちにアップする予定だったのですが、いろいろプロットを組み立てなおしていたら書き換えないとならない場面が出たりして、こんなに遅くなってしまった・・・・。
素人ならではですね。すみません。

なお、今回の【第2章】をアップすると同時に、【第1章】のほう、風子様にお教えいただいた誤字の部分の訂正および、あまりに描写に欠けていたと反省した部分の加筆、また、どうしても修正したい箇所に手を加えて再度アップしましたので、よろしければそちらもご一読いただけるとありがたいです。

それでは今回は物語の『起承転結』でいうところの “承” の部分となります。
楽しくお仕事しているネコユキさんに降りかかるトラブルとは? という感じです。

よろしくお願いします!
(下の画像をクリックし、DLしてお読みください)

その他のエンタメ comments(4) trackbacks(0)
タイムトラベルしに行きたい。
浅学でお恥ずかしいが、一乗谷にこんなに素晴らしい遺跡があって、復元部分もあるなんて知らなかった。
これは是非、行ってみたい。
福井はちょくちょくツアーに入るから、今度公演あったら遠征がてら、足を延ばしてみたいものです。

ブラタモなぞり comments(0) trackbacks(0)
炊けません(笑)。
2013年から6年を経て再び湧き上がるネタ。
ほんとにあったら0系新幹線のやつ、欲しい。

ネットのひまつぶし comments(2) trackbacks(0)
ため息またひとつ。
なんだろなー。
スライドの主が、どういう意図でこれを発表したのかはわからないけど、「面白い」と捉える感性が、「本」がすきな昭和生まれには悲しい。

トホホホホ comments(2) trackbacks(0)
惜しみなく愛を。

持ちうる限りの尊敬と敬愛を賢様に捧ぐことを八百万の神に誓います。
だからどうか、この方の声とパフォーマンスをずっとお護りください。

賢様の64の誕生日に寄せて。
ALFEE comments(3) trackbacks(0)
はやく言ってよ。




松重さんが勤める会社、いつになったら浅葉建設にアポが取れるんだろう・・・・。
CMとはいえ、ずっと出遅れてるから心配になってきたよ(苦笑)。

広告ウヒョー comments(0) trackbacks(0)
運転手はキミだ。
昨日のつづきが今日になったんですけどね。
同じく16日放送の『終わらない夢』で、センセイが
「電車、運転したい、したーーーい!」
と、幼稚園児みたいなカワイイ発言をされたとき、賢様が
「運転できるところ、あるようですよ。碓氷峠のところ、廃線になった線路があって・・・」
そんなようなことを仰いましたのですが、賢様、それって『碓氷峠鉄道文化むら』ですよね! ですよねっ!!
でもって、その情報元『ブラタモリ』ですよね? ですよね??(もっと以前の放送で「ブラタモリって面白いよね」みたいなこと、仰ってた気が)

何も隠さず、わたしが初めて『ブラタモなぞり』をしよう! とおもったのは2015年11月21日放送【#24 軽井沢への道】を見たときなのですが、この回の最後、タモさんが現地で電気機関車(EF63型)を運転するので、おそらく賢様もこの回の記憶があるのではないかしら!

ていうか。
だからその機関車運転、ぜひ、お3人でチャレンジして欲しいんですよ!!
今年の夏のイベントのDVDパンフレット非公式版でいかがでしょう。
それか45周年プレミアム会員用の特別DVDの企画でもよろしゅうございますよ。
センセイが異様にはしゃいで、でも目指す停止位置にうまく止められないとか、坂さんはやっぱりソツなくこなすとか、賢様が妙に生真面目に操作するお姿とか! 見たいんですよ!

見たすぎる!

ねっ、皆さんも、見たいでしょ?? 見たいでしょ?








わたしが『碓氷峠鉄道文化むら』に行ったことが書いてある過去記事。
●2016年4月24日の記事
●2016年8月13日の記事
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
男子の友情。
昨夜放送の『終わらない夢』は、放送開始からのすべての回のなか、3本の指に入るくらい面白かったのですが、そんななか、興味深かったのが、賢様の “小さな不幸” エピソードに関するこの(↓)会話です。
海苔、分けてくれないんだ(笑)。

この関係性、お3人独特なのか、男性はだいたいこんな感じ、なのかはわかりませんが、女子の間ではほぼ見ないような気がします。
どんなに気心知れてて、言いたいこと言い合える間柄でも、ひとりのお弁当の海苔がなかったら
「ほんとにあんたって、ツイてないねぇ」
と笑いながらも、やっぱり一枚は恵んでくれる―のが “女子の友情” ではないでしょうか。

いえ、だから女子のほうが優しい、などと決めつけるつもりではなく、逆に
「海苔、くれないじゃん」
「当たり前だ」
で、ゲラゲラ笑える友情、てのもいいなぁ、と感じ入った話し、なのであります。

やっぱり、あのお3方だから、なのかも、ですね。




ところで昨夜はセンセイの口から『万葉集』というコトバも出たにつけ、今からもう15年近く前、ライブ会場に設置されたプレゼントBOXに初めて入れたものが、センセイへの『万葉集』だったわたしは、妙に喜ばしかったです。
いえ、センセイはわたしが贈る以前に読んでいたとはおもいますがね。

ALFEE comments(5) trackbacks(0)
森若さーん!
森若さんの新刊、2月20日!
たーのーしーみーーーー!!

その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< | 2/303 | >>