スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
秋のパンフ買ったらわかるよ。
特に3枚目の写真のとこ。

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2019の秋は何度も宇宙遊泳させたくせして−
“何度も宇宙遊泳させたくせして”
とはキョンキョンの歌った『迷宮のアンドローラ』の歌詞の一部ですが、でもほんとにそんな世界が繰り広げられた秋です、こんばんは!

ですからね、SF好きの血が流れている身としてはいつもよりテンションを、こう、ぐぐぅぅーーーーーーーーっと引っ張られて高くなっちゃう〜〜〜! になりました。

まぁね、新譜のタイトルがアレで、タイトルチューンが1曲でスペースオペラを展開しちゃってて、その新譜ひっさげたライブツアーなら、そうなりますわよねぇ、ですです。
セトリ知りたくない皆様だっても、なんとなーく予想はできてるんではなくって? ひろみ(突然のお蝶夫人)。
で、まあ、そういうことです。
ステージセットなんて “まんま” ですからね! 楽しすぎて笑いますよ! そこんとこもちゃんとご自身の目で確認なさってね。

とにかくまずは元気で楽しそうな3人の神たちのお姿が拝めて安心したので、この調子で皆様と共に年末まで攻めて行きましょうね、とおもいました!
4649!←昭和。

ALFEE comments(4) trackbacks(0)
言ってくれなきゃ、わかりません。
わたしはね、おそらくこのマンガでいうなら《自分軸》タイプです。
えーと
自由・気楽な人
自分を優先して満たす
もらいっぱなし
あげっぱなし
人情を大切にする
自分は自分 人は人
ですかね?
書き写しててなんだかムカついてきましたけど(笑)。

とはいえ。
よく「とんでもない旦那」の例で出てくる、病気で寝込んでる奥さんにむかって
「俺の飯は?」
などと言い放ったり
「俺のことは気にしないでいいからゆっくり寝てて」
と、一見優しげに見えつつ、自身だけ外食してきちゃう “人でなし” なことはさすがにしません。
病んでる人に対する気遣いくらい、できます。
あと、忙しそうにしてる人に
「何か手伝うことある?」
的な声かけもフツーにできます。

それでもわたしはこのマンガで言うところの《知り合い数人での飲み会》に於いて常に(みんな飲んでるかな? 楽しんでるかな?)などという気遣いは、幹事でもないかぎりはしたくない。
つか
そして周囲の人もそうだろうと思っている
というおもいこみに驚きました。
そうか《他人軸》って、彼我の差の感覚を持ち合わせていないんだなー、と。
だからこんなめんどうな言動(↓)になるわけですね。

うぎゃーーーー、やめてやめて。
この “ほのめかす” って行為、恐怖でしかないんですけど!(ユーミン女子がほのめかし大すき、というイメージ)
でもって人の要望を先回りしてキャッチできないのは恥、て!!
もう、目玉飛び出ますよ!
そんなん、エスパーにならなきゃ無理に決まってるのに!(タピオカ飲み残しは女の仕業、と破棄の瞬間見てないのに見えてる似非エスパーなら履いて捨てるほどいるけど)

それからこういう遠回しな言い方(↓)もほんと、やめて!!

なんで
「向こうの人はサラダが食べにくいみたいだよ」
の翻訳が
「サラダ取り分けて欲しい」
なの?! 意味、わからへん! そんな翻訳、ほんとに成立すんの?!
せめて
「向こうの人、サラダ食べたいみたいだけど取りづらそうだね」
にしてくれーーー!
そうすれば
「そう? じゃあ」
って、サラダボウルをその相手近くに寄せたるわ。


《他人軸》のひとは “他人優先” と考えているのかもしらんけど、すくなくともこのマンガ読む限りは、とてもそうとはおもえない。
ここに描かれている姿勢・思考回路はひたすらに自分中心で自己満足にしか見えなくて、たいへんにげんなりします。
なんせ
他人軸の人が身勝手だと思われがちなのははっきり物を言わないからだけど
とわかってるくせに、それをあらためようとはしてないですよね。
あまつさえ理由を述べて正当化しようとして。
そこにはお得意の
やっぱり他人もきっとそうだろうと思っている
という彼我の差感覚の欠如が如実に表れてるのに、自身で自身のことを「気遣い・気配りの人」と自認してるその感覚がおそろしいです。
《自分軸》から見たら、ぜんぜん・ちっとも「気遣い」してもらえてないですから。
こっちは
「要望があるならはっきり言ってくれ」
と望んでいるのに、その『要望を先回りしてキャッチ』できてないんだから。
度が過ぎるまたはピントがずれた気配り・気遣いというのは、役に立たないしなにより《他人軸》本人を疲弊させるだけだとおもいますがね、どうでしょうか。

死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
#008 平和について
*写真をクリックすると大きなサイズで見ることができます

海を渡る 風は知ってる
本当の青空 その広さを
命の儚さ 花は語る
微笑みだけが 未来を語る
May peace on earth
May peace on earth

命の煌めき 星は語る
微笑みだけが 未来を語る
May peace on earth
May peace on earth

「平和について」をほんとうに考えさせられることが増えてきたようにおもう。
それは決して武器を用いた紛争に限った話ではなく、自由というものの意義であることや、スポーツを利用しようとするものであったりと、すぐそばにあるものによって、だったりする。

May peace on earth

ひたすらに祈るセンテンスにセンセイの反戦主義を感じる。

小ネタ DE ALFEE comments(0) trackbacks(0)
これもひとつの。
30年余。
イメージソングを大好きなバンドが担当してるからと、大阪国際女子マラソンを見続けていたら、普通にマラソン観戦がすきになってしまっていた。
これもいわゆる『アル中あるある』ではなかろうか。

みんなも見た?

時事刻々刻々 comments(0) trackbacks(0)
もちもち。
この投稿をInstagramで見る

タピオカブーム。 定番「タピオカミルクティー」のほか、フルーツティーなどベースや甘さのバリエーションも広がる中、『タピオカミルクティー フルーツティードリンク』が発刊されました。 ベースドリンク・シロップソース・トッピングにこだわった、おいしそうな46種類のレシピの一部を、フォトギャラリーでご紹介しています。 ・ 詳しくはプロフィールからアクセスして下さいね! @andw_asahi www.asahi.com/and_w/ ・ #タピオカ #タピ活 #タピオカドリンク #タピオカミルクティー #ドリンク #andw #asahidigital #朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタル&wさん(@andw_asahi)がシェアした投稿 -


食感、の話しである。

わたしは偏食女王を自認しているので、ひと様が食べているものまたは巷で流行してる食べ物についてあれこれ言う気も資格もないので、例の『芋を分解してのち再構築したものに甘味を付け、牛乳紅茶に入れたやつ』云々に関して言えば、想像できる「もちもち・ふにょんふにょん」の食感がダメなので食べたことも飲んだこともないし、買いたい気が起こらない。
というかその『芋の〜』だけでなく同じ理由で杏仁豆腐も寒天もグミも苦手で、食べたくないリストに入っている(でも蒟蒻は平気。なぜだ)。

でも、だからってそれを買うために行列してる人たちを揶揄しようとも思わないし、ましてや捨てられてるカップを見て
「これだからインスタ女子は」
と謎の決めつけをしてる連中に至っては
「捨てる現場を見てないのにエスパーなのか?」
そう訊ねてみたくなるのである。

春頃だったか、創作文字でその飲食物を表すのに「女偏」を用いた投稿があった。
ああ、これこれ。


6月か。そうか、それくらい前のことを今更だけど、これを「女性差別」と言ったら五月蠅がられてて、いや、差別というか明らかに「蔑視」でしょ、という案件だよね。
だって私の住む街にはどでかい電波塔があって、その足元にはそらもうオサレなお店がたくさん入ってる施設もあって、そんでその飲料の人気店もあるんだけど、行列に居るの、老若男女だもの。
若い女性だけじゃない、もの。
それを何をどう捉えているのかしらんが、わざわざ「女偏」で作ってるんだもの。「若」偏でもいいところを。
「女ども馬鹿じゃねーの」
という感じだよね? なんだけど、それ言うと
「うぜー」「うるせー」
だもの。
作るの自由なら「馬鹿にしないでよ」と言うのも自由なのに。
他人の「やめて」を「お気持ち」とか「これだからナニナニは〜」と薄ら笑うのとか、そういうのは腹立つよね。

ん? 食感の話しがわけのわからない方向に。

とにかく、わたし自身は弾力のある食感が苦手なので、そういう類のものは口に入れたい気が起きないのだけど、紅茶党なのでこの飲料をきっかけにもっと世の中が紅茶を飲んでくれたらいいなぁ、とはおもうよ。
やたらとできたシアトル系カフェ並みに♪紅茶の美味しい喫茶店♪が街に溢れて欲しいです。






続きを読む >>
どうでもいい話 comments(5) trackbacks(0)
ちょっ、酒井・・・・・っ!
評価:
酒井 順子
新潮社
¥ 594
(2019-08-28)

男Aと男Bが居て、実は同じ女と肉体関係があった場合彼らのことを「兄弟」と言ったりするそうだけど、その逆バージョンをタイトルにしてるので、本書はつまりそういうことにフォーカスした作品なのであるが、まぁなんというか、もしわたしが酒井とリア友だったら今度逢うとき、どんな顔していいかわからなくて困るかもしらん、てな内容だった。
なんせ全編にわたって「した」「して」「したい」のオンパレード。
くわえて、えっ、酒井って物語形式で書けたんだ! とびっくりさせられた女君たちの独白スタイルをとった源氏との関係の描写は官能小説というより、もっと生々しくてスポーツ紙かタブロイド紙のエロ小説みたいで、なんかちょっとどきまぎしてしまったじゃないか、どーしてくれるんだ酒井。同い年だろ。などとわけがわからないことになってしまった。
なんでへんなところでリアルな書き方すんだよ、酒井っ。


読・読 comments(0) trackbacks(0)
【お知らせ】始めてました。
下手の横好き、とはいえ写真を撮ってるので、始めてみていました。
アイコンをクリックするとわたしのアカウントへとびます。

このブログにアップしているものと同じ写真もあれば、あちらだけにしかアップしていないものもあります(逆もまた然り)
《映える》写真はひとつもありませんが、よかったら見てやってください。

どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
台風の仇を快晴で(ちょっとだけブラタモリなぞり)。
「行かない選択肢はない」と言い切って行く気満々だったのに、台風のおかげで断念せざるを得なかった奈良行き。
でもわたしのアタマの中は「奈良」という単語で溢れかえってしまって、もうアカン! 助けて! 状態だったので、記念式典の翌日、奈良まで足を延ばしました。
満智子先生の原画展には行けなくてもとにかく東大寺には行きたい! という意気込みです。
あと、ちょっとだけ《ブラタモなぞり》もできるぞ(しめしめ)な部分もありました。

というわけで月曜、いつもの出勤時間と変わらないくらいの時間に宿を引き払って、近鉄で奈良を目指しました。
この感覚って、渋谷から横浜へ行くのと同じかなー、と改めておもいながらロングシートで揺られていたら、やっぱり眠気が・・・ZZZZ。
わはは。

さて。
『ブラタモリ』で奈良編が放送されたのは2015年の6月27日と翌週7月4日でした。
パート1の6月28日は、タモリさんが大好きな奈良の “高低差” に焦点を当てていて、番組のはじめのほうで訪れたのがココ(↓)
東向商店街です。
平城京の跡地近辺は平な土地ですが、実は近鉄奈良駅あたりが《変異点》で、そこから急に高くなっている土地だ、というのをお馴染み梅林さんが登場して解説してくれます。
赤が濃いほど高くなっている高低差地図。
黄色の楕円で囲まれたあたりに興福寺があり
画面中央、水色のラインが「東向商店街」。
南北に走っている商店街なのに「ひがしむき」という地名について
「変じゃないですか?」
という梅林さん。
この謎を解くには、まずは高い土地がなんなのかを知る必要がある、というので、こちら(↓)を訪れていました。
門扉の向こうに見える階段が、高低差を如実に表しています。
番組ではタモリさんたちが敷地内に入って、この段差が河岸段丘であり断層崖であることを確認していました。
つまり崖の上に建立された興福寺に背中を向けて店を建てるわけにはいかず、お寺向き(東向き)にしたから「ひがしむき」
という話しでした。
叶うならわたしも幼稚園への階段をのぼってみたかったのですが、残念ながら一般人では難しいでしょう。
ハナから諦めて、いつも行く道を進みますが、その道を歩いていても緩やかに登りになっていることはわかります。
そして少し進むとお馴染みの風景が!
猿沢の池からの興福寺五重塔。
うーん、奈良だわー。奈良に来たわー、と実感できる場所です。
そうそう、この猿沢池のほとりから興福寺に行くにも階段を登るので、幼稚園内でなくとも、高低差は体感できたのでした。

さて番組放送時、興福寺の「中金堂」は再建中でした。
タモさんがしぶしぶ足場を登っていましたね。
でもこの日はすでに工事は終わっており、新しいお堂の姿が! 
あな嬉し。
朱塗りの柱がいいなぁ。

そして興福寺と言えば。
五重塔です。
時間的にどうしても逆光撮影になってしまって見えにくいねぇ、ごめんなさい。
いつも奈良に来たらこの塔の裏手の『塔の茶屋』で茶粥定食を頂きますが、本日は我慢。
なんせお昼には京都駅に戻る予定なので。
後ろ髪引かれつつ、急ぎ大仏様に逢いに向かいます。
この日は快晴でしたが、ありがたいことに猛暑日ではなく、日傘があれば、興福寺→東大寺のわりとある道のりも苦にはなりませんでした。

しかし、時間が早いし平日だから観光客もまだそんなに居ないだろうというわたしの予想は甘かったです。インバウンドの皆様のパワーはもの凄いです。
朝もはよから大勢の大陸の皆様がいらっしゃいます。むしろ日本人観光客ってわたしだけじゃね? な勢い。
参ったなー、と困惑してたら見えてきました、南大門!
ああ、東大寺に来たのねぇ(しみじみ)。

そして金剛力士像の『阿』

『吽』。
ご立派なお姿を拝みつつ、門をくぐると見えてくるのは大仏殿です。
ああ、もうだいすきだーーーーー、この光景!
しばしここからのアングルで楽しみつつ、入堂するために回廊内に入りましたが、ちょっと待って!
拝観料、またアップしてない? いつから野口さん一枚でお釣り無し、になったの? 5年前は百円硬貨が数枚、お釣りで返ってきたような気が・・・(調べたら去年から変更に!)
文化財保護の観点からとはいえ、ちょっとアップ率高くないか? と戸惑いながらもお支払いして、入堂です。

うっほほーーーーーーーーーーーーーい!!
この景色見たら、拝観料とかもうどーでもいいわーーーー!!
きゃーーーーーっ!
わーーーーーーーっっ!!
ひょーーーーーーーっっっ!!

そういえば番組で、こんなへんな比較(↓)してたっけ。
ふーん、ウルトラマンよりでかい、てことはウルトラマンタカミ―よりもでかい、っちゅーこっちゃね(それこそなんの比較)。

そして大仏殿の主であらせられる毘盧遮那仏でございますよ。


なんと威厳のあるお姿であることよ。
しぜんと手を合わせてしまいます。
どうかウチのおじぃたちの健康長寿をお願い致します。

そしてミラジェンヌにはたまらない多聞天こと毘沙門天。
凛々しゅうございますわね。

そしてこの大仏殿。
こんにち我々が見ているものは江戸期に再建されたものである、のですが、鎌倉期に再建されたものはこれよりももっと大きかったらしい、のです。
その模型が堂内にはありますね。
ついでに奈良創建期の伽藍模型も。
東西両塔従えた伽藍配置。
この姿を、見たかったなぁ・・・・・・。


さあ、大仏様へのご挨拶もすんだことだし、いよいよわたしのもっともすきな場所へ、参るといたしましょう。

そこへのルートは2パターンあって、往路は大仏殿を左背にしながら進む経路です。
鴟尾(しび)をこんな角度から、眺めることができます。

幸い、その場所へ向かう人は他におらず、わたしはひとりで静かに足を進めていましたが、途中、念仏堂から読経が聴こえたときは少し聴き入ってしまいました。
いいお声のお坊様で、雰囲気は最高潮。
そんななか、見えてきました!
わたしが東大寺でなによりも、とにかく、もっともだいすきな『二月堂』です!!
ああ、たまらーーーーーーーん!!
夏の日差しのなか、階段をあがります。
そしてこの景色!
なんて美しいのでしょう。







どこを撮っても最高。

ここで30分ほど、涼みながらボー( ゚ ρ ゚ )と過ごしました。
でもこの場所のベストタイムは黄昏〜宵の頃、なので、次回はその時刻に合わせて訪れたい、とおもいながら、帰路に就くことに。
もっと居たいのはやまやまですが、翌日からは日常に戻らねばなりません。
勤め人の辛いところです。

二月堂からの帰りは、知る人ぞ知る石畳の参道をゆきます。
こちらもいい風情なのです。


というところで奈良へのプチ『ブラタモなぞり』はこれにて終了。
ならまちのほうや春日大社へのなぞりも次回、ということにいたします。
それではみなさまごきげんよう。

ああ、楽しかったなー、奈良。


ブラタモなぞり comments(3) trackbacks(0)
忘れ得ぬ。

記念式典後の夜、静かに語りたいからとわたしが我が儘を言ってホテルのバーで飲んだのですが、そのときのお供のチョコレートがべらぼうに美味でしてね。
なんと申しましょうか、上品・・・優しい・・・優雅・・・華麗・・・そんなチョコレートで。
帰京してからもあの味が忘れられなくて、ホテルのパティスリーで売っているものではないのかしら、でもって紀尾井町にある同じホテルで買えないものかしら、と問い合わせメールを出してみました。
そうしたらお返事が来たのですが。

残念なことにこのチョコレートは大阪のホテルのバーのオリジナルの生チョコで、販売はしていないとのこと。
また是非、お越しくださいと結ばれておりました。
おおぅ、そうか、やっぱりオリジナルだったのか、美味しかったもんなぁ・・・とちょっと肩を落としているところです。

年末、また行けるかしら。
カクテル2杯とチョコレートで、普通の居酒屋3人×3時間分くらいのお値段だけどね。
どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< | 2/315 | >>