アル中たちの夏ノ巻ーその1ー
はい、今年の夏も深い時間にこんばんは。

ジョンダリ君は結局三重に来ちゃったようで、今後の影響が懸念されます。

明日、そちら方面から横浜に来る予定の皆様が、無事に到着できますように。


さて、そんなジョンダリ君のご意向を伺いながらの夏ノ巻。

いやー、もう!

すごかったーーー!!

我々ファンを驚かす&喜ばせるためなら貪欲に若い感性を取り入れてくれる姿勢に感服いたしましたよ!

まだまだウチのおじぃたちは進化してます、素晴らしい!!


私的には本編ラスト近辺の構成(照明込み)に圧倒されまして、しばらく茫然としてしまいました。

あれが、センセイが小説を書いたことに因るものだとしたら、書いたことは大きな収穫だったと、私はおもいました。

ありがとうございました。


さあ、夏のお祭りはあと1日あります。

また盛り上がりましょう!


ALFEE comments(0) trackbacks(0)
秋でも冬でもお城へ参りましょう。
ここ最近は気象庁が
「この暑さをなめてると死にますよ!」
と日々警鐘を鳴らしておりますが、まぁなんでしょう。
我々のおじぃたちは早、秋冬のお城へいらっしゃいといざなうわけですよ。
アパレル業界か。

でも!
そうとなったらいつでも動き出せる準備をするのが我々です(週明けからすでに振り込め指令も出たし!)。
さあ、どこ行きましょうか。

今回もまた 赤文字は行きます! てことで、青文字は行けたらいいな なところです。

THE ALFEE 45th Anniversary
Best Hit Alfee 2018 秋ノ巻
Château of The Alfee

10/4(木)サンシティ越谷市民ホール
  6(土)富山オーバード・ホー
  8(月・祝)静岡市民文化会館
 12(金)神戸国際会館こくさいホール
 14(日)びわ湖ホール
 17(水)市川市文化会館
 18(木)相模女子大学グリーンホール
 20(土)東京国際フォーラム・ホールA
 27(土)広島上野学園ホール
 28(日)ハイスタッフホール(観音寺市民会館)

11/2(金)仙台サンプラザホール
  3(土・祝)いわき芸術文化交流館アリオス
 10(土)コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
 15(木)大宮ソニックシティ
 18(日)宇都宮市文化会館
 20(火)神奈川県民ホール
 23(金・祝)桐生市市民文化会館シルクホール

12/1(土)市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
  2(日)アルカスSASEBO
  8(土)名古屋国際会議場センチュリーホール
  9(日)名古屋国際会議場センチュリーホール
 14(金)上田市交流文化芸術センター(サントミューゼ)
 15(土)長岡市立劇場

--------------------------------------

Best Hit Alfee 2018 冬ノ巻
Château of The Alfee

12/23(日・祝)日本武道館
 24(月・休)日本武道館
 29(土)大阪城ホール


この秋の(個人的)目玉は、熊本!
復興支援も兼ねてお邪魔しますので、現地の皆様どうかよろしくお願いします。
ひとり呑みできるお店とか、知ってたら教えてくださいませ。
(来春は岡山か広島に行きたいよね)

そんなこんなで、みなさまはどちらへお出ましですか?




ALFEE comments(3) trackbacks(0)
アル中でいるうえで自身に課しているルール。
元記事:『ジャニヲタをする上で自分自身に課しているルール #ジャニヲタセブンルール』@それは恋とか愛とかの類ではなくて

ジャニヲタさんには文才のあるブロガーが多いですが、わけてもこの「あややさん」の書くものは、時に万に達しようという数値のアンケート回答をもとに分析されたものであったり、熱くなりながらもどこか冷静な視線からのレポだったりで、ジャニヲタ界隈でなくても有名ですが、今回のものもとても面白い。
<
申し訳なくもわたしは放送を見たことがないのだけど、関西テレビがキー局の『7(セブン)ルール』という番組(直近の放送の公式つぶやきが下(↓)こういう趣旨の番組
にあやかって、あややさん自身が己に課しているルールを提示してくれている。
わたし個人的にはルール4の「行かずに後悔より行って後悔」とルール6の「楽しませてもらったものには余分にお金を払う」にはとても共感できるが、あとのルールにはアル中ではあてはめられないものもあったりするので(梯子するほど「現場」がないからなぁ)、そんじゃあわたしの場合はどうかいね? と改めて自身を顧みたのが、今回の企画である。
なお、あややさんには「#ジャニヲタセブンルール」というハッシュタグで仲間の動向を知りたいという意欲があるようだが、わたしにはそんな気はなく、ほんとに単なる「自分語り」のようなものです、と予め断り書きをしておきます。

ということで。

こんなんなりました。

ルール1はね、もうね、ながい期間ここに来てくださってる方なら納得いただけるとおもうのだけど、わたしゃチケット詐欺にひっかかってしまったことがあってだね。
以来、チケットが取れなかったときは(最大限がんばることをしたら)潔く諦める、ようにしたのだ。
むろん、高額転売ヤーから買うなどもってのほか。
とにかく無駄な足掻きはやめよう、とその時肝に銘じたのだった。

ルール2は、まあ、そんなにテレビの露出は多くないおじぃたちだっても、出るときは集中的になるので、録画漏れとか見るの忘れたり、が発生するんだけど、そんな時もやっぱり「諦める」ようにしている。
だって仕方ないじゃんね。

ルール3は読んで字のごとし。
あちこちで問題視もされてる特効のカラフルテープに対して(はなっから飛んでこない席はもとより取れる位置にいても)執着しないことにした(保管場所にも困るし)。
そしたらその時のステージ上のおじぃたちの顔が見えてだな(以下自粛)。

ルール4についてはちっとも守れてないので、これをどうにかして守りたいとおもっているが、いちばん難しい。
そもそもこんなブログ書いてる時点で「言いたいことならどれくらいあるかわからなく溢れてる」(はっ、なぜこのわたしがあんな嫁の歌を・・・!)タイプな人間なので、あんなことやこんなことをぶちまけずにいるのはかなり困難なのだ。
でも、やはり毒はまき散らすものではなかろう、と最近特に感じることが多いので、頑張って控えようとおもう。

ルール5は、もうどんなオタクも同じ心意気だとおもうので、これ以上は語らず。
みんな、無理せず課金しようぜ!

ルール6 7つのルールの中で、これがいちばん「わたし独自」だとおもう。
なんせなかには「遠征どころか地元のライブにだって毎回参加できるとは限らない」環境下の方もいらっしゃるわけで、そんな方からしたらこのルールは厭味以外のなにものでもないだろうから。
でも、だからこその「#私だけの」なのだ。
特に関西方面、3.11以降の東北、そして現段階で行こうとしている熊本と、その遠征に復興支援目的も含まれているので、わたしは行くことに意味がある、とおもっている。
なのでルールのひとつにした。

最後のルール7 これも「わたし」ならではかもしれない。
よのなかではSNSでみんなつながりを求めているように見えるなか、わたしは今の仲間以上に「アル友さんの輪」を広げたいとおもっていない。
理由は明快「面倒くさいから」だ。
スマファン(特に中居班)時代、わたしにしてはかなり広いつながりのなかで活動して、とても疲れたので懲りたのだ。
おなじ対象者をすきでも、すきなのに、必ずしも分かり合えるわけではない−ことを身に染みて感じたので「○○友」だけでなくフツーの「ともだち」付き合いができる人とだけ、繋がっていよう、そう決めたのだ。


以上が私個人の「アル中でいるうえで自身に課している7つのルール」である。
こうしてみると、半分以上が「諦める」が基準になっており、元記事のあややさんが前向きなルールなのに対して、わたしのルールの「枯れ」っぷりに笑う。若いジャニヲタとそろそろ断捨離も考えようかという年代のアル中との差だろうか。
でもこちとら35年選手。
ジャニヲタさんほどキラキラしくなくとも、いぶし銀のファン道を、これからも7ルールに則る努力しながら、邁進する所存でござるよ。

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2018のかなけんでマサラーはバラになりたいと切に願う−

タイトル長ぇ! すみません!

いやでも、おそらくたぶん、20日のかなけんに居たマサラーは高確率で
「あのバラに・・・!」
なりたい! と願ったはず。
少なくともわたしはそうでした。
隣席の友の腕をはっし! と掴み(毎度すまぬ、友よ)
「ば、ば、ばら・・・! あのバラ・・・!! なりたい・・・!」
息も絶え絶えに訴えたのでした。

などということも起きたかなけんで、わたしの春巻きは終わったわけですが、今回もたいへんに楽しいライブでした。
ちょっと気がかりなことが起きていて、参加も危ぶまれたりしましたが、なんとか大丈夫で、立てない席ながらもほとんど空気椅子状態で盛り上がりました。
なんせしょっぱなからセンセイは「やらかす」し、賢様も坂さんもぶっ飛んで突き抜けてるしでこっち(客席)のテンションが上がらないはずがない。
もう
「うひゃひゃひゃひゃーーーーッ!」

「キャーーーーッ!!」

「はうぅぅぅ・・・・・・!!」
なのであります(わかるよね?)。

でもってここで書き出しのへんに戻るんですけど、マサラーとして
「ああ、あのバラになりたひ・・・・!」
と胸焦がすようなことをはじめ、やたら賢様が素敵で素敵で素敵で・・・!
まさにこの方(↓)の仰る通り!
マサラージャパンはみな、骨抜きになったに違いありません!(海月人間大量発生)。
もちろんわたしもふにゃふにゃなまま、長い帰路につきましたことです。


さて、残すところは広島・大宮・名古屋ですかね?
ご参加の皆様、わたしの分まで盛り上げよろしくお願い申し上げます。

ALFEE comments(2) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。ー2018春の上越は犬も歩けばネコも歩くー

比較的早い時間にこんばんは。
今宵は独り旅なので打ち上げせずに宿に戻って来ましたよ(電車、待ったわよ1時間以上!  でもそういう人がたくさん居てなんか安心した)。
ホントは乾杯したいのよ、ライブ、最高だったから!!
でも相手が居らへん。あうあう。
独りでしみじみ飲める度胸がないのだ、マイチキンハート(なんのこっちゃ)。

まあ、そんなわけで独りで上越公演のあんなことやこんなことを脳内で反芻して、デヘヘ・デヘヘとにやけておるところです。
そうそう、今日はお初参加の方が多かったです。
しかも老若男女まんべんなく。
まさか皆さん、カツ丼経由ではないとはおもうけど、ああいった時、メンバーはどんなテンションになるんでしょうかね?




ところで。
今日の宿はレディースルームで予約したんだけど、その部屋が想像以上にレディース・・・・・・てかお姫様部屋だったので見て。


ALFEE comments(7) trackbacks(0)
びびでばびでぶー。
これ、ドレス着ていかなあかんやつやん!!
庶民はどうしたらいいん?!
魔法使いさん、たすけてーー!!

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2018春のNHK2日めはマサラーに二度おいしい−


なんてったって「ほ」が!

「ほ」が!


「ほ」がッ!



「ほ」がぁっ!



そんでもってピックを!

ピックを!


ピックをッ!



この2点のみならず、あの曲まで歌ってくれちゃったから、マサラーはもうたいへん!
よく生きてNHKホールを出られたと、我ながら感心している次第でございました(マサラーユニオンの皆様、ご無事?)。
そんくらい印象強くて、ほかの事ふっとんじゃった。


あ、いや。
最後のセンセイの有難いお言葉はちゃんと覚えてます。

やはりNHKはいいねぇ。

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2018春のNHK初日が神々しくて−
また同じこと言ってるよ・・・と呆れた方も居るやもしれませんが、実際そうだったのだから仕方ない。
ホントのホントに昨夜の御三人は畏れ多くも有難くも、とにかく輝いていて目が眩むこと多発、だったのであります。
また、その歌声にもパワーとエネルギーが満ちており、くわえて神ご本人たちが気持ちよさそうに歌っておられたので、その威力も常より勝っていましたよ。
わたくしなんぞは某曲で、本気で膝まづいて祈りを捧げたい衝動に駆られましたが、僅かに残っていた理性がすんでのことろでふみとどまらせてくれました。
危なかったー。
いや、それほどに昨夜は素晴らしかったのですよ!! かっこよかったのです!!!

さあ、本日も神様のお姿を拝んでまいりますですよ。
楽しみです。





ところで。
昨日のセンセイのMCを聴いていたら、どうにも制作意欲がかきたてられたので、作ってしまったものがあります。
お暇な方、よろしければどうぞ(注意書きに注意←笑)。
昨夜参加した方ならわかるネタです。
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
カメラを持ったギタリスト12.−女子力高い坂崎師匠−

本当は師匠のラクガキが入ってから行きたかったのですが、どうもそれだと時間がなさそうなので、本日、お邪魔してきました。
今回は、事前にオンラインギャラリーで作品を確認して
「ええい、買ってしまおう!」
と決心しての訪問でありました。

だって、どれもこれもすきなタイプの写真だったんだもーーーーん。

坂さんがこの書写真展のコンセプトについて
「女子がすきそうなやつだよー」
と仰っていましたが、そうですよ、どうもすみません、わたしはまんまとその術中にはまってしまったわけです。いーじゃん、べつに!

しかもですよ、皆さん。
オンラインギャラリーで見たよりも、現物のほうがもっとキレイだったんだから堪りません。
なんなの、今回の作品群は! あれもこれもそれも、みんなみんなキレイで素敵じゃないの、うわーーーっ! とこころの中で地団駄踏みながらじっくり鑑賞。
そんでもって買いたい候補作品数点(なぜかそれらが見事に一列に並んでいた)の前に座ってじっくり考察。
これまで買ったものとの雰囲気や色合いやモチーフのバランスをあれこれ引き比べて、よし、これ! と決めました
(熊本行きも決心して倹約せなならん時になにやってんだか)。

ということで、夏に手元にやってくるので、そのときにまたお披露目いたしますよ。
ふふふふ、楽しみだニャーネコ

にしても冗談抜きに今回の書写真展は作品がいい雰囲気です。前回のビビットな色合いの作品とは対照的に淡い光沢にあふれた写真は、ほんとに「女子ウケ」するでしょう。師匠は今後この路線で攻めたらいんでなかろか、とまでおもってしまいました。
この週末、NHK2DAYSの時に行こうと計画してる方も居られることでしょう。
混雑必至ですが、一見の価値はあると、わたくしは太鼓判を捺しますことよ! 頑張って見に行ってね!!


続きを読む >>
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
あんたがたどこさ!
行きたぁあああーーーい!
というか、もう行こうとおもってるんだけど、でも悲しいかな、先立つものがとても厳しい。
なんせ5月の時点でもこの(↓)価格。
うーむ、うーむ。
でもここで行っておかないと、次に熊本がツアーに入るのがいつかわからない。
復興支援で行くなら
「今でしょ!」
てことで。
なので東北の皆様、この秋はちょっとごめんなさい。
熊本への支援を優先します(やはり春に行っておくべきだった)。
とにかくうまくやりくりして、秋には熊本へ向かうのじゃー!
待ってて、くまモン!←?

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< | 2/64 | >>