アル中たちのいるところ。−2016 秋の横浜の木枯らしのぺイヴメント−

だんだんタイトルの意味が自身でもわからなくなってきた・・・・・・。


いつも一緒にライブに参加して、わたしのタガがはずれたときの最大の被害者になる友人は、基本日本酒党なのに横浜の帰り道
「ビールが飲みたい!」
と言いだし、黒ラベルを1本買って、今にも雨が降り出しそうな夜空に向かって乾杯してました。
ほんとうならわたしも相伴したいところなのですが、諸事情でできなくて申し訳ない、という木枯らしのぺイヴメント。(だーれも「さあ、そばにおいで」とか言ってくれない)

もっと意味が解らなくなってまいりましたが、つまりなにが言いたいのかというと、常ならば飲まないものを飲みたくなるほど、よいライブだった! てことです。
何しろ賢さまのお声が! お声が!! お声がぁぁあああああ!!!!
冬を迎えて空気もかっさかさに乾いているこの時期なのに、ものっ     すごく素晴らしかったのです!
わたしがこれまで参加した秋祭りのなかで、最高!! に艶めいて張りがあり、伸びやかでした!!
ご本人もなんとなくそれをわかってるように見えました。そのせいか、ハンドアクションや、リズムに合わせた軽いダンスなんかも心なしか多め。
それがまたマサラ―であるわたしの的をビシビシと射抜いたのであります。


しかしいつも感じるのは、ウチのおじぃたちほどのベテランでも、レコーディングってのは相当なハードワークなのだな、ということです。
ツアーと同時進行で大詰めを迎えたりすると、途端に、これまでいい感じに張ってた糸が大きくよじれちゃう(そこがまた“味”だったりするんだけど)。
そんな様子を見ると、もうちょっと楽にしてあげたいなぁ、とおもう反面、やっぱり新作は欲しいから頑張って欲しい、ともおもってしまう、複雑なファン心理に陥るのでした。
ファンというのはまこと、勝手なものなのです。


それにしても賢さまは、センセイが昔の山手線車両のドアに挟まった話しがだいすきなのですね。
「人生でいちばん楽しかったよ」
と言うくらいですから、相当な衝撃的瞬間だったのでしょう。
そんなに面白いなら【タイムマシーンがあったら見てみたい出来事】のひとつに加えようかな。
『恐竜の絶滅』、『乙巳の変(大化の改新)』、『天徳内裏歌合』と並んで『高見沢が山手線のドアに挟まれる』。

・・・・・・悪くは、ない。

ALFEE comments(4) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2016秋の静岡で県民歌万歳\(^o^)/−

すみません、スミマセン、タイトルでネタバレしてしまいました。
けど許してください。県民歌なんで。

というわけで、只今東京へ向かう新幹線車中です。
今夜は久しぶりにちゃんとライブに専念できました!
やはりウチのおじぃたちは最高のストレスバスターですね!

先日の大宮が2600本めでしたから、本日は2601本め、なわけですが、こちらもある意味記念のカウントですよね。
MCで、センセイもそんなようなこと仰ってましたが、またここから始まる感じでなかなかレアですよ。
そんなちょっぴり特別感のあるなかで、この秋も忘れずに県民歌やってくれたので、わたくし個人的にはお得意倍増でごさいました。
ありがたやありがたや。

また、本日の席が、なんとも面白い位置でありまして、これも貴重な体験だったわけなのですが、なんだったかはお・し・え・な・い。教えなーい(笑
わたしと仲間だけの秘密の合言葉(#^b^#)なのです。
へへへへへ。

さてもそろそろ新横浜。
今宵はまずはこれまで。

ALFEE comments(2) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。ー2016秋の市川は花やしきのジェットコースターー

絶叫マシンマニアがその道を極め、最終的に行き着くのは『浅草花やしき』のジェットコースターだと聞いたことがあります。
ありとあらゆるマシンを体験し、もう乗ってないコースターは無い、てなくらいのツワモノさんは、あの、民家の脇をすり抜けてゆく妙なスリルがいちばんたまらない! てな感じになるらしいです。

で、今夜の市川はまさにそのマニアの心境になれた公演でした。

まあ、つまり、想定内なのに想定外っつーような、しっちゃかめっちゃかだったということです。
でも!
そういう時がいちばんおもしろい! というのがウチのおじぃたちなのは皆さまよくご存知のとおりです。
だからおもしろかったんです!!

ね、この感覚、極道の絶叫マシンマニアでしょ。
完璧なライブより、グダグダなほうがイイなんてファン、あんまいないとおもう。
いや、もちろん大前提で歌はガッチリ・キッチリ・シッカリやってます! てのがありますよ? あたりまえでしょ? 
それがあってのハチャメチャがイイ、わけです。
楽しかったなぁ。
ほんと、ウチのおじぃたちのクロストークはストレス解消の特効薬ですよ、ありがたやありがたや。(⌒人⌒)


ALFEE comments(5) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2016 秋の東京はココロに刺さる−


わたしの勝手な観念なのですが、センセイの歌は「青空」がイメージされるものが多いです。
曲名からズバリな『碧空の記憶』は至極とうぜんとしても、そうじゃない曲・・・たとえば『Pride』、『LIBERTY BELL』、『まだ見ぬ君への愛の詩』なんかでもわたしは聴くと雲が流れていく青空が脳裏に浮かぶのです。

そして普段なら青空を仰ぎ見れば、なぜだかわからないけどきもちが落ち着いて、元気になるんですが、残念なことに今のわたしは青空を見るのがつらいです。
「空はこんなに青くて広いのに」
という、ひとり取り残された気になって、どうしようもない閉塞感にとらわれます。

そんな精神状態のなかで聴く今秋ツアーのセットリストは、そらもうものすごく心に突き刺さります。
ぐっさぐさです。
とはいえそれは“とどめの一撃”ではなくて“治療の一撃”であるわけです。
ともすればぶっ倒れてしまいかねないわたしを、そうならないよう支えてくれる支柱みたいな。

そんなたいせつな支えを、ステージ上から次々と投げられ、立って歩けるようにしてもらった―のが昨日の公演だった気がします。


スマホでモンスター捕まえる(?)遊びに興じているみなさん、ゲームの中のモンスターは直接攻撃してこないから、いいですよね。
でも現実に存在するモンスターは、ほんとに恐ろしいですよ。
何考えてるかさっぱり理解できないし、なのに権力(大げさでなくこちらの生殺与奪権)持ってるから逆らえない。
恐ろしいですよ。
スマホの中に閉じ込めることができるなら、ほんと、そうしたい。


とかなんとかネガティブなことばっか書いてても仕方ないので、昨夜の名台詞をば。
賢さまがセンセイに向かって言った
「俺たちを私物化しやがって!」
これ、最高でした。
いいなぁ、あの3人は。
あの姿を思い出すと、元気になれる。


ALFEE comments(4) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2016 の秋の上越は南無兜跋毘沙門天!−

謙信公のお膝元に居ると、頭のどこかがミラジェンヌになってしまうので、おもわず夜叉衆の調伏文句をタイトルにしてしまいました、すみません(^人^)


ということで、上越公演、無事終わりました!
いま、はくたか車中です!
でも今夜は飲んでません!
昨夜飲み過ぎたからです!
そんなことはどーでもいいですね!
ですから上越公演、楽しかったですよ!!
行ってよかったです!!

23年ぶり、ということで、会場も独特な空気が流れていました。
私のお隣の席も生まれて初めての参加、という方で、周りの様子をさぐりさぐりな感じがひしひしと伝わってきてました。
でも、楽しんでくれたようです(終演後「いかがでしたか?」と訊いてみた)。
私自身が楽しかったのは先にも書いたとおりです。
今宵は特に賢さまのお声が素晴らしくて、もう、うっとりの連続でした。
あの声を聴けただけでも行った甲斐があったというものです。


さて、明日からまたしばらくは日常が続きます。
なんとか何気ない素晴らしい1日になるよう、踏ん張って過ごしますよ、楽しかった記憶を糧に。

でもまだ上田だ〜。
ALFEE comments(3) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2016の秋祭りは大曼荼羅−

とうとう北村はぶっ壊れやがった。


タイトル見て、そう感じた方もそうでない方も始まりましたよ、秋祭り。
で、昨夜の帰り道に我慢できずにガラケーから記事を投稿したときに書きましたけども、その秋祭りの凄さを、いったいどう表現しようかと今日いちにち考えても、結局的確な比喩がおもいつかなくて、こういうわけのわからないものになりましたんで、まぁ、ある意味壊れているのは正解でございます。

でもですね、曼荼羅ってのは
仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的・象徴的に表したもの。
目に見えないものをなんとかひとびとに伝えようと絵で表したものだから、今秋ツアーの混沌(カオス)っぷりを喩えるには実は合ってるかもしんない! のです。

だからつまり、昨夜から24時間過ぎてもこのツアーは
「なんかわからんがとにかくすごい」
としか言いようがないのでありますよ。

この曼荼羅のように、中心にメンバーが居て、そのまわりには膨大な楽曲があって、それらがあちこちからやってくる。
正面から
「Love is all!」
と言ってきたかとおもうと頭上から壮大なコスモロジーを降りそそがれ、それにとまどう暇なく背中から優しく抱きしめられてドキドキしてたら、とつぜんコミックショーやロシアンルーレットの世界に移行していく、めまぐるしさ。

体験したらあなたもきっと言葉を見つけられなくなる。

とおもうので、これから祭りに参加されるみなさま、アルフィー大曼荼羅、ご堪能あれ。


最後に、昨夜センセイが大事なこと仰ったので伝えます。
「オトコの2/3は女性(彼女や奥さん)が髪を切っても気づかない。だから怒っちゃだめ」
ですってよ。

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
帰り道。
只今越谷からの帰り道。
東武線車中。

こんなことするの初めてだけど、そんくらい秋祭りは凄いっす。

とにかく凄いっす。

そうとしか言えないくらい凄いっす。


凄いもの、見せられる秋祭りですよ!!

いやもうなんか、どーなの。
ALFEE comments(4) trackbacks(0)
特権。

たぶんみんなは6日に貰うとおもうが、沿線住民の特権で先に頂いたぜ
ふっふっふ ( ̄〜 ̄)


地味な路線だけど、たまにはいいこともあるのニャ。


あと2日。
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
『金曜日』にオーホホホ。
ふんとにもー、オトコってのはしょーもないわねぇ。
ファンの平均年齢が高くってごめんなさいね?

わたしたちも昔は若かったのよ〜(^O^)
ALFEE comments(3) trackbacks(0)
No Alfee,No Life.


おんがくのかみさま

どうかあのさんにんのおじぃたちを

おまもりください

よんじゅうに、よんじゅうさん、よんじゅうし・・・

いくとせもかつどうできるように

おちからぞえください

わたしたちファンにとって

なにものにもかえがたいひとたちなのです

だからおねがいします

どうか どうか
ALFEE comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/57 | >>