スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
Brand-New TOKYO Sta.
鉄道関係のニュースにはミーハーなので、大正時代の姿で甦った東京駅に、さっそく逢いに行ってきた。
すげー人出だったが、それでもまずは再生誕生直後の姿を拝めて満足。
いつかここのホテルに泊まりたいものであるよ。


























ドーム内部にはネットが張られている。
仕方ないとはいえ、やや興ざめ。

撮るんです comments(0) trackbacks(0)
近くへ行きたい−幸ちゃんの目線−。
明日まで開催の坂さんの書写真展。
展示作品の何点かには、わたしの近所の地名が舞台のものがあって、こりゃ行かねばなるまいて! てな勝手な義務感で、入梅前のど・ピーカンの休日、カメラ片手にぐーるぐるとめぐってきました。
でも実際にそれとわかるのは不動の場所しかないので、たどり着けたのは2箇所のみ。
けど、楽しかったなあ。
ご近所なのに、今までこんなにゆっくりこのへんを散策したことなかったし、この道を坂さんも歩いたんだなあ、と想像しながら行くから(というか坂さん、ほんとはどの移動手段であのあたりを動いていたのだらう? 狭い道がほとんどだから車は考えにくいので、徒歩か自転車か……自転車+坂さん……イメージできないなぁ)。

そんなわけで、確か坂さんの作品のアングルはこんなだったよね? 的なものを以下に。
(大阪での開催もあることとて、ネタバレになるので隠します。大阪で行く予定の方はご一考後に開いてチョコザイ)
続きを読む >>
撮るんです comments(3) trackbacks(0)
近所が名所-PART-.
これまで花火大会くらいしか“売り”がなかったこの区は、スカイツリーが建ったことがよっぽど嬉しいらしく、これを逃してなるものか! という気迫が、やることなすことに感じられます。
んで、この大型連休のおしまいに、こういうことをやってしまいました。

『東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012』

うちはもう、オカンがこれを見たがって、楽しみにしすぎていたので、午後から大荒れの天気で、開催がどうなることかとおもったけど、晴れてよかったでごわす。
なんとまんまるなお月さまも出て、絶好の撮影イベントになりましたよ。
デジイチ買ってよかった、とおもいました。
しかしやはり、夜景の撮影はムズカシイですな。
今回はプログラムオートモードを主に使ってみました。
うーん……三脚が要るなあ。
とはいえブレてなくても、川面の青いLEDの光が流れてしまうのは仕方ないのですな。
うーむ、うーむ。

ではどぞ。



上の写真はオールオートモード。
下のはプログラムオートモード。





今度は上がプログラムオートで、下がオールオート。



以下はすべてプログラムオートモードにて。













撮るんです comments(2) trackbacks(0)
ただいま精進中。
先日、ただただ勢いだけでデジタル一眼カメラを買ってしまったわけですが、これがまたやっぱりというかあたりまえというか、とにかくムズカシイ代物でした。
なので実はまだ4回ほどしかシャッター押してないというていたらくです。

なにしろ、本体に付属されていた『活用ガイド』なるDVDを読むだけでめんどい(こらこら)。
こういうシーンにはこんな設定で、といろいろ書いてあるんだが、そもそもがわからんので一気に読めないから。
とはいえ、こういうのは俗に言う「習うより慣れろ」だろうから、もっとじゃんじゃん撮影したほうがいいんだろうね。
もそっと暖かくなったら『カメラ女子力UP強化月間』とでもして、自主強制的にカメラを持ち歩いて、とにかくばしばし撮影しようかな、とおもってますですよ。

でも実は、わたしは風景も確かに撮りたいけど(だから広角域が広いこのシリーズを買いましただ)、小物(雑貨)をきれいに撮ってみたいのです。
身近なコップやら人形やらアクセサリーやら本やら文房具やら……そういうものたちを“イイ感じ”に収めたいのです。
ハードル、ものすごくの高そうですが(小物のチョイスとかにセンスが要求されるじゃん)。

けど、精進しますよ。
せっかく買ったんですから。
ということで、今回試行錯誤で撮影したもののうち、なんとかまともっぽいものを添削して頂きたく、ドキドキしながらアップします。
(本来なら、どういう設定で撮影したかを記すものなんだろうが、そのへんもよくわからないです。ただ、何かを“ビビットモード”にはしてみています)










小物以外では線路風景の写真をきれいに撮りたいですね。
こちらもがんばりましょう。

撮るんです comments(2) trackbacks(0)
カタチから入るわけじゃないけど。
買ってもた。

おもいきりよすぎだろ、じぶん。
というほど衝動的。

カメラのことなんてほとんど知らないわたしがこんなの持つってのは、まさに“宝のナントカ”である。
であるが、持ったからには勉強しようではないか、と、いま、奮い立っておるところ。
わたしの友人には写真上手が多いので、彼女達にいろいろ教えてもらおう。

よし、がんばるぞー!

とか書いてたら、Kトラでメール読まれてしまった。
構図の取り方について訊いたら、とにかくシャッター押すこと、とお教え頂いた。
はい、精進致します。


続きを読む >>
撮るんです comments(4) trackbacks(0)
購買意欲を刺激される。
写真オンチだけどさ、普通のデジカメも1台持ってるけどさ、ちょっとこれ、欲しいんだよね。
これで撮ったら、わたしでも素敵な写真が撮れそうな気がする。

あくまでも「気」だけど。

撮るんです comments(0) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< | 3/3 |